presented by
Search Fill-1
Menu
EURO予選

キャプテンのレヴァンドフスキとアラバが辛勝

Increase font size Text size

 6月7日(金)晩、FCバイエルンの選手2人がEURO予選に出場し、勝利を収めた。ポーランド代表のロベルト・レヴァンドフスキもオーストリア代表のダヴィド・アラバも対戦相手を1-0で下している。どちらの選手もキャプテンとしてチームを率いた。

 北マケドニア対ポーランド戦に先発フル出場したレヴァンドフスキだが、この試合で決勝弾を挙げたのはクシシュトフ・ピョンテク(47分)だった。これによりポーランドはグループ予選3戦3勝となり、引き続きグループGのトップの座についている。アラバ擁するオーストリア代表もポーランド代表と同じグループGで、スロベニアと対戦した。アラバは力強いパフォーマンスを示し、キャプテンとしてチームを勝利に導き、予選で初めての勝点獲得に成功した。アラバは74分、ギド・ブルクシュタラーに素晴らしいパスを送り、同シャルケ選手の得点をアシストした。アラバは「これが僕たちにとって追い風になる、このように続けていかなければならない。重要な一歩を踏み出せた」と、勝点3獲得を喜んだ。

 バイエルンの両選手は6月10日(月)、EURO予選の次の対戦に臨む。レヴァンドフスキはワルシャワでグループ2位のイスラエル(勝点7)と対戦し、アラバはスコピエで北マケドニア相手に更なる勝点獲得を目指す。両試合とも日本時間11日3時45分にキックオフだ。

News