presented by
Search Fill-1
Menu
ファン投票で決定

2018-19シーズンの最優秀バイエルン選手はニャブリ

Increase font size Text size

 FCバイエルンで過ごす1年目に、セルジュ・ニャブリは自身初となるブンデスリーガ優勝を果たし、DFBポカールスーパーカップでもタイトルを獲得した。そして今、23歳の同選手は個人としても素晴らしい栄誉を受けることとなった。ドイツマイスターFCBのファン投票の結果、同選手は2018-19シーズンの最優秀バイエルン選手に輝いたのだ。

 この投票に参加したバイエルン・ファンは約35,000人。ニャブリはその27.9%の票を集め、ヨスア・キミッヒ(25.6%)とロベルト・レヴァンドフスキ(11.6%)を抑えて1位となった。その力強いパフォーマンスでファンの信頼を勝ち取ったニャブリは49試合中42試合に出場し、DFBポカール・ラウンド16のヘルタ戦におけるドッペルパックや第31節ニュルンベルク戦での同点弾など重要なゴールを含む13得点6アシストを記録した。

 ドイツ代表のニャブリは既に2017-18シーズンにバイエルンに移籍したものの、同シーズンはTSG 1899ホッフェンハイムに期限付移籍していた。2018年夏からFCBの一員としてプレーするようになった同選手はすぐにニコ・コヴァチ率いるチームに定着し、ファンの心を掴んだ。同選手のダイナミックなドリブルや危険なシュートは観客を魅了した。その結果、シュトゥットガルト出身の同選手は2018-19シーズンにFCB月間最優秀選手に2度選ばれた唯一の選手となり、更に今、シーズン最優秀選手に輝くこととなった。

FCBメインスポンサー、テレコムによる2018-19シーズン最優秀選手トップ5:

1. セルジュ・ニャブリ 27.9%
2. ヨスア・キミッヒ 25.6%
3. ロベルト・レヴァンドフスキ 11.6%
4. フランク・リベリー 7.9%
5. ニクラス・ズーレ 4.6%
News