presented by
Search Fill-1
Menu
バイエルンのブラジル人

ラフィーニャと白ソーセージの朝食

Increase font size Text size

 ブラジル人がすっかりバイエルンに染まったと気付くのはどんな時だろうか?ラフィーニャが朝食に用意したのは、白ソーセージだった!ラフィーニャは「毎週日曜日は家族と一緒に白ソーセージを食べに行くよ。一緒にブレッツェルとオバツダも食べる。本当に好きだ」と語った。ブラジルのロンドリーナ出身の同SBがドイツに来てから13年になる。ラフィーニャはその内の8年をミュンヘン、そしてFCバイエルンで過ごした。バイエルン州都を離れる前にラフィーニャが自宅にFC Bayern.tvを招待し、白ソーセージの朝食を振る舞った。その席でバイエルンでの思い出に浸り、もちろんタイトル獲得で飾ったアリアンツ・アレーナでの感動的な最後の試合についても語った同選手は、ドイツ帰化証明書を見せ、その証明書取得の際のTSV 1860に関連するエピソードも打ち明けてくれた。

News