presented by
Search Fill-1
Menu
カバーボーイ ニャブリ

「誰を一番にプレーするか考えないと」

Increase font size Text size

 2018-19シーズンのバイエルン最優秀選手に輝いたセルジュ・ニャブリはドイツマイスターFCBの二冠達成の立役者の1人だ。その活躍はKONAMIも見逃すことがなかった。FCバイエルン・ミュンヘンの新プラチナパートナーはサッカーゲームの王道ウイニングイレブンの19シリーズ目のパッケージに同選手のイメージの起用を決定した。

 これについて23歳のニャブリは「本当に不思議な感じだよ。5、6年前に自分で買って遊んでいたゲームだ。そこでたくさんの偉大な選手を見ていた」と話すと、そのゲームの欧州版パッケージにFCバルセロナのリオネル・メッシやマンチェスター・ユナイテッドのスコット・マクトミネイと共に自身が起用されることを「大きな名誉だ」と喜んだ。

アラバとの対戦が楽しみ

 パッケージを飾る特別な栄誉にあずかったニャブリだが、FCバイエルンでの1年目の活躍はそれに値するものだった。2017年のU21欧州選手権で優勝した同選手は2018-19シーズンに42試合に出場し、13得点6アシストを記録。そのスピードと鮮やかなドリブルで狭いスペースでも対戦相手を翻弄した。シュトゥットガルト出身のニャブリは実際のピッチ上だけでなく、コントローラーを握ってプレーすることも好んでいる。

 「発売されたら、誰を一番にプレーするか考えないと」と、ニャブリは笑顔を見せた。チーム内にもゲームが好きな選手は何人かいるが、ニャブリは最も手強い対戦相手はダヴィド・アラバだと考えている。ニャブリは「彼は本当に上手いよ、でも僕もハードな練習をしてゲームで彼に勝つつもりさ」と、アラバとの対戦を早くも楽しみにしているようだった。

二冠シーズンを超える

 しかしこれからニャブリがゲームに費やせる時間はそれほど多くない。7月12日(金)の午前中には他の代表選手と共にチームに合流し、トレーニングを開始することになっている。今季最初の公式戦であり、ボルシア・ドルトムントと対戦するスーパーカップまで、ニャブリとチームメイトには多くの厳しいトレーニングが待ち構えている。しかしニャブリはどの目的に向かって努力すべきかわかっている。「個人的に、昨シーズンを超えたいと思っている」と意欲を見せる同選手は、きっと新シーズンも再びFCバイエルンの主力の1人として活躍するに違いない。

News