presented by
Search Fill-1
Menu
プレスリリース

KONAMIがFCバイエルン・ミュンヘンの新しいパートナーに

Increase font size Text size

 FCバイエルンとKONAMIが1つの道を共に歩むことになった。世界的に有名なコンピューター・ビデオゲームの製造・販売会社である同社がドイツマイスターFCBのプラチナパートナーになった。7月11日(木)、アリアンツ・アレーナで行われた記者会見で両者の長期にわたるパートナーシップが発表された。

 FCバイエルン・ミュンヘン株式会社代表取締役社長のカール=ハインツ・ルンメニゲは、「日本の歴史ある企業であり、世界有数のコンピューター・ビデオゲーム製造会社のKONAMIと長期のパートナーシップを結んだこと、そして我々バイエルンのプロ選手とアリアンツ・アレーナが9月に発売される新しいサッカーゲーム『eFootballウイニングイレブン2020』に登場することを大変嬉しく思う」と挨拶した。

 KONAMIとFCバイエルンのパートナーシップはeFootballウイニングイレブン・シリーズ開発者に、ドイツで最も成功を収めているクラブのスター選手やレジェンドを同シリーズで実際の姿を模して表現するために必要な情報の取得を可能にする。『eFootballウイニングイレブン2020』では、スタジアムの完全な3Dスキャンを用いてデザインの細部にまでこだわり、アリアンツ・アレーナが再現される。また、FCバイエルンのプロ選手も3Dスキャンによって実在の選手に忠実にデザインされる。

 KONAMIデジタル・エンターテインメントB.V.のブランド & ビジネス・シニアディレクターのジョナス・ライガードは、「KONAMIは長くサッカーと関わっており、FCバイエルン・ミュンヘンのプラチナパートナーとなったことを喜んでいる。我々の開発チームは毎年期待を上回るし、伝説的なアリアンツ・アレーナとFCバイエルンのスターたちを『eFootballウイニングイレブン2020』に登場させられることを大変誇らしく思う」と述べた。

 更にKONAMIは、ドイツ代表であるバイエルンFWのセルジュ・ニャブリをeFootballウイニングイレブンの公式イメージキャラクターに起用することになった。ニャブリは『eFootballウイニングイレブン2020』のパッケージを飾るだけでなく、今後FCバイエルンとKONAMIが予定する様々なプランに登場することになる。

News