presented by
Search Fill-1
Menu
グループステージ組み合わせ抽選

FCBが今季CLグループステージで対戦する可能性があるチーム

Increase font size Text size

 29日(木)、再び世界中のサッカー界の目はモナコに向けられる。現地時間18時からグリマルディ・フォーラムで今季チャンピオンズリーグ・グループステージ組み合わせ抽選会が開催され、31の他チーム同様にFCバイエルンは今季CLの旅路がどこへ向かうかを大きな緊張感を持って待ちわびている。同グループステージは9月17日または18日に開始予定 – fcbayern.comがFCバイエルンと対峙する可能性があるチームをまとめた。

 ニコ・コヴァチのチームは昨季CL優勝チームのFCリヴァプール、昨季ヨーロッパリーグ覇者FCチェルシー、6つの昨季各国ヨーロッパリーグ優勝チームが入るポット1(ポットは1から4まで)にいる。各ポットから1チームずつ8つのグループに振り分けられるが、グループステージで同じリーグチームの対戦は認められないため、ボルシア・ドルトムント、バイエルン・レヴァークーゼン、RBライプツィヒと同じグループには入らない。

初戦はスパーズまたはレアル・マドリード?

 最も困難なチャレンジとなるのは当然ポット2のチームだ。FCバイエルンはチャンピオンズリーグ永遠のライバルであるレアル・マドリード、そして昨季CLファイナリストのトッテナム・ホットスパーと激突する可能性がある。CL史上未だにFCBは同プレミアリーグチームと対戦経験がなく、もし実現すればFCバイエルンは2019年2月にオープンしたトッテナム・ホットスパー・スタジアムで初めて試合をする。記憶に新しい昨季CLグループステージで対戦したベンフィカ・リスボンとアヤックス・アムステルダム、さらにアトレティコ・マドリード、FCシャフタール・ドネツク、カルロ・アンチェロッティが監督を務めるSSCナポリがポット2だ。

 ポット3にはFCバイエルンが既に過去チャンピオンズリーグ決勝で戦ったインテル・ミラノ(2010年)、FCバレンシア(2001年)が含まれているが、FCBファンはおそらくCL初参戦のFCザルツブルグとの対戦が実現すれば喜ぶだろう – アリアンツ・アレーナと同オーストリアクラブの本拠地は約150kmしか離れておらず、チャンピオンズリーグでダービーマッチの感覚を味わえられるはずだ。その他にダイナモ・ザグレブ、オリンピアコスFC、FCブルージュがいる。

 グループステージ最後の対戦相手はポット4から選ばれる。FCバイエルンはアタランタ、SKスラヴィア・プラハ、RCゲンクと対戦経験したことがない。そして先週に昨季フランスリーグ・アン2位のOSCリールに移籍したレナト・サンチェスとの早期再会の可能性もある。FCBは3冠を達成した2012-13シーズンに一度同フランスチームと顔を合わせた。加えてガラタサライ、ロコモティブ・モスクワ、レッドスター・ベオグラードもポット4だ。

全ポット組み合わせ表

ポット1 ポット2 ポット3 ポット4
FCリヴァプール レアル・マドリード オリンピック・リヨン

ロコモティブ・モスクワ

FCチェルシー

アトレティコ・マドリード

レヴァークーゼン ガラタサライ
FCバルセロナ ボルシア・ドルトムント FCザルツブルグ RBライプツィヒ
マンチェスター・シティ SSCナポリ オリンピアコスFC  RCゲンク
ユヴェントス シャフタール・ドネツク FCブルージュ スラヴィア・プラハ
FCバイエルン トッテナム・ホットスパー FCバレンシア レッドスター・ベオグラード
パリ・サン=ジェルマン アヤックス・アムステルダム インテル・ミラノ アタランタ
FCゼニト ベンフィカ・リスボン ダイナモ・ザグレブ OSCリール

 

News