presented by
Search Fill-1
Menu
プレスリリース

ミケール・キュイザンスが5年契約にサイン

Increase font size Text size

 FCバイエルンはボルシア・メンヒェングラードバッハからU20フランス代表のミケール・キュイザンスを獲得した。キュイザンスはメディカルチェック合格後に2024年6月30日までの5年契約にサインを済ませた。FCバイエルンのトレーニングには来週から参加する。

 ハサン・サリハミジッチは「ミケール・キュイザンスはグラードバッハでプロとして最初のシーズンに、グラードバッハの“シーズン最優秀選手”になった。彼はテクニックに優れているし、大きな可能性がある」と新加入選手を評価。そして「ミケールは我々の元で成長するだろう。彼と共に多くの喜びを経験できると、我々は確信している」と今後への期待を口にした。

 8月16日(金)に20歳の誕生日を迎えたばかりのキュイザンスは、「僕にとって大きな一歩であることはわかっている。でも準備はできているし、これからFCバイエルンのユニフォームを着てプレーすることをとても誇りに思う。バイエルンに既に数人のフランス人選手がいることは、個人的に素晴らしいことだ。僕がチームに適応する助けとなってくれるに違いない」と語った。

 ミケール・キュイザンスは2017年からボルシア・メンヒェングラードバッハでプレーしており、ブンデスリーガ35試合に出場した。同セントラルMFはASナンシーのユースアカデミーで育成を受けた。キュイザンスは20日(火)、スポーツディレクターのハサン・サリハミジッチと共に記者会見に出席し、公式にFCB選手としてメディアに紹介される予定だ。

 

News