presented by
Search Fill-1
Menu
テーガン湖でのチームビルディング

数々のチャレンジに沸くバイエルン

Increase font size Text size

 突如として、リュカ・エルナンデスは走り出すと、歓喜の雄叫びをあげながらフライハウス・ブレナーの裏庭を駆け巡った。23歳の同選手は「バイエルン 画伯」チャレンジで、ロベルト・レヴァンドフスキにより描かれたモチーフを当て、チームに勝利をもたらす重要なポイントをあげたのだ。正解は「トマト」だった。

 監督のニコ・コヴァチは9日(金)の晩、チームがこの数日間のストレスを忘れリラックスできるよう、特別なイベントを催した。会長、ウリ・ヘーネス主催によるテーガン湖畔の夢のようなレストランでの晩餐会を前に、選手とスタッフが様々なチャレンジに挑んだ。

数々のチャレンジで競い合うバイエルン

 FCバイエルンの面々は「長靴投げ」、「ビアジョッキ当て」、 「牛の乳搾り」コーナーや前述の「バイエルン画伯」チャレンジでしのぎを削り合った。この催しは大いに沸き返り、時に物言いがつく場面も見られた – 例え余興であれ一定の競争心が忘れ去られることはなかったようだ。

 このイベントのハイライトは13日(火)からFCバイエルン公式Youtubeチャンネルで視聴が可能だ。

News