presented by
Search Fill-1
Menu
開幕戦で連続ゴール

ストライカーレヴァンドフスキが打ち立てた次なる新記録

Increase font size Text size

 数多くの記録を打ち立てたロベルト・レヴァンドフスキが、更なる新記録を樹立した。2-2のドローに終わったシーズン開幕戦の対ヘルタBSC戦で同選手は先制点を奪った。30歳の同FWはこのゴールにより5年連続となるブンデスリーガ第1節でのゴールを挙げ、開幕戦連続得点記録を塗り替えた。

 レヴァンドフスキはこれにより、開幕戦4シーズン連続ゴール記録を持つシュテファン・キースリンクとクラース=ヤン・フンテラールを抜き去り、同カテゴリーで単独首位に躍り出た。だが記録はこれだけには止まらない:後半、同選手はPKを決め2-2の同点に持ち込んだ。奇異なことにFCバイエルンは4シーズン連続で開幕戦でPKを与えられ、レヴァンドフスキはその全てを得点に繋げているのだ。

 レヴァンドフスキはブンデスリーガ開幕戦でフリッツ・ワルターに並ぶ通算9得点を記録し、クラウス・フィッシャー(13得点)、ゲルト・ミュラー (10得点)に次ぐ歴代3位につけている。またレヴァンドフスキはブンデスリーガにおいて54度目となる1試合2得点を挙げた – これより多い記録を打ち立てたのは、これまでゲルト・ミュラーだけとなっている(87回)。

News