presented by
Search Fill-1
Menu
代表戦

コマンとデイヴィスが得点

Increase font size Text size

 アルバニア戦と同様にフランス代表キングスレイ・コマンは9月10日(火)夜のアンドラ戦で再び得点者リストに名を連ねた。FCバイエルン同ウィンガーは18分に先制弾を決めてフランスの勝利(3-0)に貢献。フランスの2点目はクレメン・ラングレ(52分)、3点目はウィサム・ベン・イェデル(90+1分)が決めている。85分に途中交代したコマンに加えてコランタン・トリッソは90分間フル出場。リュカ・エルナンデスとベンジャマン・パヴァールは出場しなかった。

デイヴィスの決勝弾でカナダが2勝目

CONCACAFネーションズリーグでカナダ代表はキューバと対戦して1-0の勝利を収めた。決勝点はアルフォンソ・デイヴィスから生まれた。2試合を終えてカナダは勝点6、得点7失点0。ジョージ・タウンで開催された同試合でデイヴィスは9分にゴールから約16m離れた位置でシュートを放ち、バーを叩いたボールはネットを揺らす。だがカナダ代表は55分にドニール・ヘンリーのレッドカードで数的不利となった。デイヴィスはサイドで奮闘した活躍を披露して、79分に途中交代した。

コウチーニョは敗北

 ロサンゼルスでコウチーニョ擁するブラジル代表はペルーと親善試合を行なったが0-1で敗戦した(決勝点は85分にルイス・アブラムが奪った)。FCバイエルンの同新加入選手は先発入りを果たして良いパフォーマンスをしたが、母国チームを勝利に導けず。コウチーニョは84分にブルーの・エンリケと途中交代した。

News