presented by
Search Fill-1
Menu
ユーロ予選

ニャブリが得点するもドイツ代表が敗北 - アラバとペリシッチは勝利

Increase font size Text size

 9月6日(金)夜、ドイツ代表はセルジュ・ニャブリの先制弾(9分)でリードを奪うが、後半にフレンキー・デ・ヨング(59分)に同点にされ、ヨナタン・ターのオウンゴールでドイツは1点を追う展開となった(66分)。トニ・クロースの得点(73分/PK)で一時同点としたが、ドニエル・マレンのゴールが再びドイツを突き放し(79分)、後半アディショナルタイムにジョルジニオ・ワイナルドゥムが試合を決めるゴールを奪った(91分)。

 先制ゴールを決めたニャブリは「この敗北の失望感はとても重い。後半、相手を試合に入らせてしまい、簡単な失点を許してしまった。起きてはならないことだ」と怒りを露わにした。ニャブリに加えてFCバイエルン選手3名 – マヌエル・ノイアー、ニクラス・ズーレ、ヨスア・キミッヒ – が先発フル出場を果たした。レオン・ゴレツカは怪我のため既にドイツ代表を離脱している。ドイツ代表はグループ4試合を終えて勝点9の2位。来週月曜日現地時間20時45分からCグループ首位北アイルランド(勝点12 )との直接対決で勝利すれば、同グループ首位に立つ。

アラバは白星 – レヴァンドフスキは黒星

 ザルツブルグでFCB選手がユーロ予選で勝利を収めた。ダヴィド・アラバとオーストリア代表はラトビアを6-0(2-0)で下した。アラバは攻撃的MFとして先発フル出場し、チームの勝利に貢献。同試合の得点はマルコ・アルナウトヴィッチ(7分、53分)、マルセル・ザビツァー(13分)、パーヴェルス・シュタインボルスのオウンゴール(76分)、コンラッド・ライマー(80分)、ミヒャエル・グレゴリッチュ(84分)から生まれた。

 グループGもう一試合でロベルト・レヴァンドフスキは敗北を味わった。同選手擁するポーランド代表はスロベニア相手に0-2(0-1)で敗戦。FCバイエルンの点取り屋に何度か得点チャンスはあったが、ボールがゴールラインを超えなかった。だがポーランド代表は5試合を戦って同グループ首位を維持(勝点12)。そしてポーランド代表は来週月曜日現地時間20時45分から、ワルシャワで同グループ2位オーストリア(勝点9)と対戦。FCバイエルン両選手の直接対決が実現する。

ペリシッチがゴールでクロアチアの勝利に貢献

 イヴァン・ペリシッチ擁するクロアチア代表はスロバキアで4-0(1-0)の勝利を掴み、同FCB選手はゴールを得点者リストに入った。後半開始直後の46分、同FCB新加入選手は遠い位置からシュートを放ち、相手に当たって少しコースが変わったボールはネットに吸い込まれ、スコアを2-0とした。その他の得点者はニコラ・ヴラシッチ(45分)、ブルーノ・ペトコヴィッチ(72分)、デヤン・ロヴレン(89分)。これでクロアチア代表は4試合で勝点9を積み重ね、同じ勝点数のハンガリーを得失点差で上回りグループE首位に立った。来週月曜日現地時間18時からクロアチア代表はバクでアゼルバイジャンと激突する。

News