presented by
Search Fill-1
Menu
DFBの新会長はケラー

「正しい選択だ」

Increase font size Text size

 フランクフルト・アム・マインで9月27日(金)、DFB委員会でフリッツ・ケラーが新しいDFB会長に選出された。FCバイエルンの会長で監査役会長のウリ・ヘーネスは、「満場一致で決定したフリッツ・ケラーを祝福する。フリッツ・ケラーのDFB会長選出は正しい選択であると確信している。いつでも彼をサポートするつもりだ」とコメントした。

 SCフライブルク会長を務めたケラーは、この夏にDFB会長に推薦され、委員会によって承認された。対立候補はいなかった。これによりフライブルク出身のケラーはラインハルト・グリンデルの後継として1スポーツの連盟としては世界最大のドイツサッカー連盟の13代会長となった。

News