presented by
Search Fill-1
Menu
特別練習

コヴァチ提案のFCBバイアスロン

Increase font size Text size

 エネルギーを燃やすスプリント、心拍数180、そして冷静にターゲットを狙う - 多くの人々にとってこれがバイアスロンの魅力である。同特別メニューは10日(木)午前中に代表ウィーク期間中にゼーベナー通りに残った小グループのFCバイエルン選手たちによって行われた:ニコ・コヴァチはジェローム・ボアテング、ハビ・マルティネス、トーマス・ミュラーにバイエルン・バイアスロンメニューを消化させた。

 47歳の同指揮官はこの特別練習を考えつき、仲間のコーチ陣協力のもとピッチ上にトレーニングコースを作り上げた。選手たちは全力で駆け抜け、数カ所にはシュート練習要素を取り入れた。もしターゲットを逃したら、実際のバイアスロンのようにペナルティーが課された。

ゴレツカは個別練習

 だがレオン・ゴレツカはこの特別なチャレンジに参加しなかった。約4週間前に大腿部の手術を受けた同MF選手は10日(木)午前中に基礎トレーニングを続けて取り組んでいた。24歳の同選手は数日前同様にフィットネストレーナーのトーマス・ヴィルヘルミと個人練習、そして今回は再びボールを使用した練習で汗を流した。

News