presented by
Search Fill-1
Menu
大腿部負傷後

ゴレツカがジョギング再開

Increase font size Text size

 ついに再びピッチに足を踏み入れることができた。左大腿部の手術から約1ヵ月後の今日10月8日(火)、レオン・ゴレツカが負傷後初めてジョギングを行った。24歳のドイツ代表はフィットネスコーチのトーマス・ヴィルヘルミと共にゼーベナー通りのトレーニング場でジョギングを行い、段階的にペースを上げるメニューにも取り組んだ。

 監督ニコ・コヴァチは既に先週木曜日(10月3日)のプレストークで、ゴレツカについて「回復に向かっている」と報告し、代表ウィーク中にトレーニングの負荷を上げていくと説明していた。

News