presented by
Search Fill-1
Menu
栄誉

カーンとクリンスマンがドイツ・ホール・オブ・フェーム入り

Increase font size Text size

 かつてFCバイエルンに所属した2選手に栄誉が与えられた:11日(金)、オリバー・カーンとユルゲン・クリンスマンがドルトムントにあるドイツサッカーミュージアムのホール・オブ・フェーム入りを果たした。両氏はヘルムート・シェーン、ディクシー・デルナー、ヴォルフガング・オベラーツと共に、今年4月に開かれたホールに名を連ねる最初のイレブンに加わることとなった。ゼップ・マイアー、フランツ・ベッケンバウアー、パウル・ブライトナー、アンドレアス・ブレーメ、ローター・マテウス、ゲルト・ミュラーをはじめとするかつてFCBでプレーした6名が既にこの栄誉に浴している。このホール・オブ・フェームはスポーツジャーナリストの投票によって決定される。

 オリバー・カーンは1994年から2008年にかけてバイエルンでプレー、2001年にはチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げている。クリンスマンは1995年から1997年までFCBに選手として所属、また2008–09シーズンには監督としてチームを指揮した。

Oliver Kahn ist darüber hinaus auch Mitglied der Hall of Fame des FC Bayern, die ihren Platz in der FC Bayern Erlebniswelt hat.

News