presented by
Search Fill-1
Menu
その日の一枚

ピレウスでトリッソが雄叫びを上げる

Increase font size Text size

 圧巻の一発。コランタン・トリッソがチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節オリンピアコス戦でペナルティーエリア中央手前から右足を振り抜き、美しくカーブを描いたボールはゴールネットを揺らしてスコアを3-1とした。最終的にFCバイエルンは3-2で同試合を終えてグループステージ3勝目を獲得。 決勝弾を決めた同フランス人選手は喜びの感情を爆発させた。無理もないだろう:昨季は十字靭帯断裂でほぼ棒に振ってしまう。昨夜の得点はFCBバイエルン選手として2018年9月15日ぶりのゴールだった - 同重傷を負った日である。同MF選手は感銘的な復帰を果たしている。

News