presented by
Search Fill-1
Menu
3-2で勝利したオリンピアコス戦後のコメント

「ラウンド16に既に片足をかけているようなもの」

Increase font size Text size

 オリンピアコスFCとのアウェイ戦に3-2で勝利したことで、FCバイエルンはチャンピオンズリーグのラウンド16に向けて大きく前進することができた。難しい試合となったものの、ニコ・コヴァチは「我々の勝点は9ポイントで、ラウンド16に既に片足をかけているようなものだ」と試合後に満足気に語り、「最終的にハードワークの末に勝ち取った勝利だ」と総括した。

試合後のコメント

ハサン・サリハミジッチ:「これで勝点が9ポイントになり、今日も勝つことができた。これがこの試合のポジティブな点だ。我々は再び試合を分析し、今後も努力し続ける。大変感情的な試合だった上、負傷者も出てしまった。それを特に残念に思う」

ニコ・コヴァチ:「我々は今日、本当に良いサッカーをするチームと対戦した。彼らはこの素晴らしい雰囲気のスタジアムで、90分間我々に苦戦を強いた。最終的にハードワークの末に勝ち取った勝利だ。我々の勝点は9ポイントで、目標のラウンド16に既に片足をかけているようなものだから、難しい試合だったとはいえ満足していいだろう」

マヌエル・ノイアー:「難しい試合だった。でもここでのトッテナムの試合結果が2-2だったことを考えれば、今日の結果はOKだ。効率的に得点できたことはポジティブだ。重要なのは僕たちがこの試合に勝ち、今9ポイントの勝点を獲得していることだ。チャンピオンズリーグでは僕たちは黒字だよ」

ロベルト・レヴァンドフスキ:「前半の僕たちは悪くなかった。オリンピアコスは全くチャンスを作れなかったが、それでも得点された。そのため僕たちはプレッシャーを強め、自分たちもゴールを決める必要があった。不運に見舞われ、2失点目を喫してしまった。だから勝利するために最後は注意深くプレーしなければならなかった」

ユセフ・エル=アラビ(オリンピアコスFW):「試合の立ち上がりは良かったし、先制して勢いに乗ることができた。だが僕たちの対戦相手はチャンピオンズリーグで信じられないような経験をしているFCバイエルンだ。ハーフタイム後は追加点を決めるために猛攻したが、2失点喫してしまった。それでとどめを刺されてしまった」

News