presented by
Search Fill-1
Menu
欧州選手権予選

ドイツ代表4人、フランス代表3人、スペイン代表1人

Increase font size Text size

 欧州選手権予選最後の2試合に臨むドイツ代表にFCバイエルン4選手が招集された。ドイツ代表監督ヨアヒム・レーヴはマヌエル・ノイアー、ヨスア・キミッヒ、セルジュ・ニャブリ、そして前回の代表戦は大腿部の問題でチームを離脱したレオン・ゴレツカをチームメンバーリストに加えた。FCB選手ニクラス・ズーレは十字靭帯断裂のため選外。11月16日現地時間20時45分からドイツ代表はメンヒェングラードバッハでベラルーシと対戦する。その3日後にはフランクフルトで北アイルランドと試合を行う。今回のドイツ代表チームの中で FCバイエルン選手の数は最多だ。 

フランス代表がパヴァール、トリッソ、コマンを招集

 欧州選手権予選のモルドバ戦(11月14日)とアルバニア戦(11月17日)に挑むフランス代表は3名のFCバイエルン選手を招集した。同代表チーム監督ディディエ・デシャンはベンジャマン・パヴァール、コランタン・トリッソ、キングスレイ・コマンを今回の代表戦チームに加えた。リュカ・エルナンデスは足首の怪我で選ばれなかった。

 チアゴ擁するスペイン代表はマルタ、ルーマニアと対戦

 チアゴも同様に来週から母国チーム選手としてプレーする。同FCB選手は欧州選手権予選のマルタ戦(11月15日)とルーマニア戦(11月18日)に臨むロベルト・モレーノ監督率いるスペイン代表に招集された。

News