presented by
Search Fill-1
Menu
欧州選手権予選

16日夜に7名のFCB選手が勝利を収める

Increase font size Text size

 16日(土)夜、7名のFCバイエルン選手が各国の2020年欧州選手権予選の試合に出場して大勝を収めた。

PKを止めたノイアー、ゴレツカがゴール

 マヌエル・ノイアー、ヨスア・キミッヒ、レオン・ゴレツカ、セルジュ・ニャブリ擁するドイツ代表はユーロ2020のチケットを手にした。ヨアヒム・レーヴ率いる同チームはベラルーシ戦で4-0(1-0)の勝利を挙げ、同時刻でキックオフの北アイルランド対オランダ戦は0-0の引き分けで終了したため、来年に控える本大会出場を決めた。来週火曜日、ドイツ代表は予選グループ最終節の北アイルランド戦で勝利すれば予選首位通過となる。

 前半終了間際、ノイアーがベラルーシの絶好機を素晴らしいセーブ(40分)で止めた後、ニャブリのセンタリングからマティアス・ギンターの先制弾が生まれた(42分)。後半に入ってからはゴレツカがダイレクトシュートで追加点(49分)、加えて元FCB選手トニ・クロースがドッペルパックを達成(55分、83分)。75分、ノイアーが再びベラルーシ選手イゴール・スタセヴィッチが蹴ったPKを右手で止めるスーパーセーブを披露した。キミッヒはFCBの同3選手と先発入りを果たし、センターハーフとして90分間プレーした。

オーストリアが勝利、アラバが得点

 ダヴィド・アラバ擁するオーストリア代表は北マケドニア代表との試合で2-1(1-0)の白星を飾り、予選最終戦を残して本大会出場を決めた。27歳の同FCB選手は7分に先制ゴールを奪い、後半にグラードバッハ選手シュテファン・ライナーがスコアを2-0とする。北マケドニア代表はヴラトコ・ストヤノヴィスキが試合終了間際に1点を返したが遅すぎた(90+3分)。この結果、オーストリア代表はポーランドに次ぐ予選ステージ2位通過を果たした。

ポーランドは勝利、レヴァンドフスキは途中出場

 ロベルト・レヴァンドフスキにとって静かな夜となった。31歳の同選手は2-1(1-0)で勝利したイスラエル戦63分から途中出場。ポーランド代表は既にグループ予選前節で来年6月のユーロ2020出場を決めている。そのためイェジー・ブジェンチェク監督はレヴァンドフスキに短い休みを与えることが出来た。試合はポーランド代表グジェゴシュ・クリホヴィアク(4分)、クシシュトフ・ピョンテク(54分)がゴールを奪い、イスラエル代表はムナス・ダッブル(88分)が得点を奪った。この試合に勝利したポーランド代表は予選グループG首位通過を確実にした。

意地を示したクロアチア、ペリシッチがゴール

 イヴァン・ペリシッチのクロアチア代表も予選グループEを突破して、2020年欧州選手権に出場する。グループ予選最終節でロシアW杯準優勝チームは意地を見せてビハインドの状況からスロバキアを3-1(0-1)で下した。スロバキア代表選手ロベルト・ボゼンニク(32分)に先制弾を許したクロアチア代表はニコラ・ヴラシッチ(56分)、ブルーノ・ペトコヴィッチ(60分)、さらにFCバイエルン選手ペリシッチ(74分)がネットを揺らす。スロバキア代表はロベルト・マクが2枚目のイエローカードを受けて退場となり、66分から数的不利で試合をした。

News