presented by
Search Fill-1
Menu
代表戦

チアゴはアシストと勝利 ― コウチーニョとデイヴィスは敗北

Increase font size Text size

 チアゴ擁するスペイン代表は、ユーロ2020予選で圧勝を収めた。11月15日(金)に行われたグループFの第9節で、3回欧州王者に輝いたスペイン代表はカディスでマルタ代表と対戦し、7-0(2-0)で大勝。これでスペイン代表の勝点は23ポイントとなり、スウェーデン(勝点18)を抑えてグループ首位での予選通過が決まった。アルバロ・モラタ(23分)とサンティ・カソルラ(41分)のゴールで前半にリードを奪ったスペインは、後半にもパウ・トーレス(62分)、パブロ・サラビア(63分)、ダニ・オルモ(69分)、ジェラール・モレノ(71分)、ヘスス・ナバス(85分)が次々に得点を重ね、圧巻の勝利を収めた。チアゴは先発フル出場を果たし、オルモとナバスの得点をアシストした。

ブラジルはアルゼンチンに敗北

 フィリペ・コウチーニョ擁するブラジル代表はライバルのアルゼンチンとの試合にあと一歩のところで敗れた。サウジアラビア首都リヤドで15日(金)に行われたこの試合に、セレソンは0-1(0-1)で惜敗した。コウチーニョは後半から出場した。決勝ゴールを挙げたのは、バロンドールとFIFA最優秀選手賞を計6度受賞したリオネル・メッシだ。同選手はPK失敗後のセカンドボールを得点に繋げた(14分)。4カ月前に両チームが対峙したコパ・アメリカ準決勝はアルゼンチンが0-2で敗北しており、同代表は今回の対戦でその雪辱を果たすことになった。

デイヴィスはネーションズリーグで敗北

 カナダ代表のアルフォンソ・デイヴィスも悔しい結果に甘んじることとなった。オーランドでCONCACAFネーションズリーグの対アメリカ代表戦に臨んだカナダ代表は、1-4(0-3)で敗北した。ジョーダン・モリス(2分)、ギャシ・ザーデス(23分)、アーロン・ロング(34分)のゴールで早い時間帯にホームのアメリカが大きくリードする。カナダ代表はハーフタイム後にスティーヴン・ヴィトーリア(72分)が1点を返したが、試合終了直前にザーデス(89分)が再び得点を決め、最終スコアを1-4とした。デイヴィスは先発フル出場を果たした。今回の対戦は敗北に終わったものの、4試合で勝点9ポイントを獲得しているカナダ代表はネーションズリーグのグループAで依然として首位のままだ。しかし2位のアメリカ(勝点6)はカナダよりも試合数が1試合少ない。

News