presented by
Search Fill-1
Menu
「バイエルン州と強い結びつきを感じている」

ミュラーがバイエルン州功労勲章を受章

Increase font size Text size

 「大変な栄誉だ、受賞することになるとは全く考えてもいなかった。僕はバイエルン州と僕の故郷に強い結びつきを感じている」。バイエルン州の功労勲章を授与されたトーマス・ミュラーの顔は誇りと喜びに輝いていた。FCバイエルンの攻撃型選手は12月3日(火)、バイエルン州首相のマルクス・ゼーダーから栄えある勲章を受け取った。

 2014年にドイツ代表としてワールドカップ優勝を果たしたミュラーは功労勲章を授与された後、「バイエルン人は誇り高い一方で、常に隣人への気遣いとユーモアを忘れない。これまでの30年間と同じトーマス・ミュラーでいられるように努力する」と挨拶した。オーバーバイエルン地方出身のミュラーはユース年代からFCバイエルンに所属し、ドイツマイスターと共にブンデスリーガで8回、DFBポカールで5回、チャンピオンズリーグで1回の優勝を果たしている。更にピッチ外でも財団Young Wingsなどでの活動を通して社会貢献を行っている。

シュヴァインシュタイガーに続く受章

 その社会貢献こそ、ゼーダーがミュラーを功労勲章に推薦した理由だ。ミュンヘンにある州首相府のプリンツ=カール宮殿で、ゼーダーは「あなたは素晴らしいサッカー選手であるだけでなく、その場にいないと他の人からとても寂しがられるような人物だ。様々な国から集まるFCバイエルンの偉大な選手たちの中における真のバイエルン人だ。あなたがそのように正統であることは賜物だ。あなたはバイエルンを代表する素晴らしい人物だ」とミュラーに向かってスピーチした。

 バイエルン自由州の功労勲章は同州のなかでも最も誉れ高い勲章だ。それというのも、この功労勲章は同時代にわずか2000人しか保持できないことになっている。2018年夏にはバスティアン・シュヴァインシュタイガーにもバイエルン州功労勲章が授与されている。火曜日にはミュラーのほかパラリンピックで幾度も金メダルに輝いたアナ・シャッフェルフーバー、政治家のウルリケ・シャーフとトーマス・ゲーリンクに功労勲章が授与された。ゼーダーは「あなた方は素晴らしいバイエルン人だ。これまでに獲得したトロフィーやメダルだけがその理由ではない。あなた方は勇敢で、他の人の模範となる。特別な人物だ」と受章者を称えた。

News