presented by
Search Fill-1
Menu
4ヶ月連続

11月の月間最優秀選手はロベルト・レヴァンドフスキ

Increase font size Text size

 FCバイエルンファンは8月、9月、10月のクラブ月間最優秀選手に選出したロベルト・レヴァンドフスキを11月の同賞にも選んだ。同FW選手にとってこれで4ヶ月連続の受賞となる。先月、異次元レベルのレヴァンドフスキは出場した6試合で8得点を奪い、再びファンの気持ちを鷲掴みにした:全投票の58%を獲得。2位はアルフォンソ・デイヴィス(16%)、3位はトーマス・ミュラー(12%)だった。

FCBメインスポンサー、テレコムによる2019年11月の最優秀戦TOP5:

1. ロベルト・レヴァンドフスキ 58.2%
2. アルフォンソ・デイヴィス 16.1%
3. トーマス・ミュラー 12.3%
4.

セルジュ・ニャブリ

4.4%

5. レオン・ゴレツカ 1.7%

 

 レッドスター・ベオグラード戦の4得点は忘れられないだろう:31歳の同選手は15分間で4ゴールを奪い、チャンピオンズリーグ史上最速の4ゴールを記録した選手として歴史に名を刻んだ。ブンデスリーガでも彼を止める人物はいなかった:ボルシア・ドルトムント戦でドッペルパックを達成して第11節で今季リーグ戦16得点を積み重ねたレヴィーはバイエルンレジェンドのゲルト・ミュラーの記録を破って新記録を樹立した。

バロンドール授賞式にロベルト・レヴァンドフスキはタキシード姿で参加:バロンドールでは8位にラインクインした。

News