presented by
Search Fill-1
Menu
トッテナム戦後のコメント

フリック「この道に留まるべきだという印だ」

Increase font size Text size

 新記録樹立!トッテナム・ホットスパー相手にホームで3-1で勝利し、FCバイエルンはチャンピオンズリーグのグループステージで6戦6勝とパーフェクトな戦績を収めた。監督のハンジ・フリックは、ブンデスリーガでバイエル04レヴァークーゼンとボルシア・メンヒェングラードバッハに敗北した後に手にした勝利を「我々はこの道に留まるべきだという印だ」と表現した。fcbayern.comが試合後のコメントを紹介する。

試合後のコメント

ハンジ・フリック:「直近の不運な2試合の後であり、チームを大いに称えなければならない。今までと同じようなプレー、つまり前に向かって勇敢に守り、相手チームに対してアグレッシブにプレスをかけることが重要だった。今日も全てが上手く行ったわけではないが、我々は勝利した。これは、我々はこの道に留まるべきだという印だ。ウィンターブレークまで、しっかり集中すべき3試合が残っている。試合を重ねるごとに選手一人ひとりの負荷は大きくなる。その点に注意して、土曜日はブレーメン相手に勝点3を獲得できる11人をピッチに送り出す」

ハサン・サリハミジッチ:「我々はドイツのクラブとして初めてグループステージ全勝を成し遂げた。チームを称えなければならない。我々は良い試合ができた。多くの時間帯で試合をコントロールした。数多くのチャンスを作ったし、順当に勝利することができた。中盤でのクリエイティブなプレーなど、我々のパフォーマンスは本当に良かった。勝利は重要だし、今度のブンデスリーガ戦に向けた自信になる」

トーマス・ミュラー:「僕たちにとって今日勝つことと、この勝利で今年最後の4試合のうちの1試合目を勝利で始めることは必要不可欠だった。僕たちがしていることは正しいと示したかった。今日もシュートの時に少し運が足りないこともあったが、最後までやり遂げることができた」

マヌエル・ノイアー:「僕たちにとって歴史的なことだし、新記録を出すだけでなく、試合に勝ちたかった。グループステージがこれほど上手く行ったのは、もちろんファンタスティックだね。チャンピオンズリーグの6試合全てで安定してとても良いプレーをした。これからまだ重要な試合が3つ残っている。3勝を収めるために僕たちは全てを出し切らなければならない」

ジョゼ・モウリーニョ(トッテナム・ホットスパー監督):「何人かの選手にとっては、私の下でプレーするのはこれが初めてだった。情報を集めることは私にとって重要だ。オリンピアコス戦で既に我々の次ラウンド進出が確定したことにより、我々がここであえてリスクを犯すことも可能になった。自分の決断に満足している。チームにとってもっとも良い決断だったと思っている。私は今日多くの情報を集めることができた、だから満足だ。準々決勝か準決勝で真の対決をするために、再びここに戻ってきたい」

News