presented by
Search Fill-1
Menu
ニャブリがピッチへ復帰

バイエルンは最終週をパフォーマンステストでスタート

Increase font size Text size

 アルフォンソ・デイヴィスをはじめとするFCバイエルンの面々は、ドーハキャンプからのリカバリーに2日間の余暇を与えられた。14日(火)、チームはパフォーマンステストでトレーニングを再開。Prof.Dr.ホルガー・ブロイヒ(チーフ・サイエンティフィック・ オフィサー&フィットネスヘッドコーチ)の監督下、チームは持久力の測定、また血液や動きの分析を行った。

 

 

 この日のプログラムはそれだけには終わらなかった。過半数がFCバイエルン・アマチュアの選手で占められたトレーニンググループがピッチ上でトレーニングを行った。またセルジュ・ニャブリに関する朗報も届いている。アキレス腱に問題を抱え一足先にドーハを後にした同FWが再びピッチへ復帰。走行練習、またボールを使ったトレーニングを楽しんだ。

 

 後半戦初戦となるアウェイのヘルタBSCベルリン戦へ向けた準備は最終週に突入。首位奪還へ向けての巻き返しを図るハンジ・フリックは、残り4回のトレーニングで最終調整を行う。

直近4シーズンでFCバイエルンは後半戦最多となる勝ち点を記録。今季も連覇に向けて同様の追走劇が待たれる👇

News