presented by
Search Fill-1
Menu
「二度と繰り返さない」、そして#WeRemember

FCバイエルンがホロコースト犠牲者を追悼

Increase font size Text size

 ドイツサッカーリーグ機構(DFL)はブンデスリーガ第19節と第20節、ホロコースト犠牲者の追悼のため“!Nie wieder(二度と繰り返さない)”のキャンペーンをサポートする。アウシュヴィッツ強制収容所が開放されてから今年の1月27日で75年が経つ。FCバイエルンはFCシャルケ04とのホーム戦でこのキャンペーンに参加した。我々の社会とサッカー界はどんな差別も認めない。

 このキャンペーンに関連して、ドイツマイスターFCBのファンは南スタンドに特別なコレオグラフィーを掲げた。

 また、両チームは試合開始前に世界ユダヤ人会議(WJC)によるキャンペーンのハッシュタグ #WeRemember と共に写真を撮影した。このキャンペーンでは世界中の人々に、“We Remember”という言葉と共に写真を撮ってソーシャル・ネットワークに投稿することが呼びかけられている。