presented by
Search Fill-1
Menu
ヘルタ戦後のコメント

「ベルリンではどのチームもこのような結果を出せるわけではない」

Increase font size Text size

 バイエルンにとってパーフェクトな新年のスタートとなった:敵地で臨んだヘルタBSC戦で、バイエルンは長い間我慢を強いられたものの、最終的に0-4(0-0)という順当な勝利を喜ぶことができた。60分に先制ゴールを決めてチームを勝利街道へと導いたトーマス・ミュラーは、「僕たちはヘルタを少し疲れさせた」と説明した。ハンジ・フリックも2020年最初の公式戦でのチームのパフォーマンスに「満足」しており、「これほど短い準備の後の最初の試合では、自身の立ち位置を知るのは難しいものだ。だからこのような結果でシーズン後半のスタートを切れたことは我々にとって素晴らしいことだ」と説明した。

試合後のコメント

ハンジ・フリック:「このような後季開幕戦になったことに満足している。4-0 ― ベルリンではどのチームもこのような結果を出せるわけではない。この点差で勝つに相応しいパフォーマンスだったと思う。これほど短い準備の後の最初の試合では、自身の立ち位置を知るのは難しいものだ。だからこのような結果でシーズン後半のスタートを切れたことは我々にとって素晴らしいことだ」

トーマス・ミュラー:「僕たちはヘルタを少し疲れさせた。だから後半はスペースが少し広くなった。僕の考えでは、前半の僕たちは少し慎重すぎた。悪くはなかったが、本当に危険なチャンスは作れなかった。ヘルタにボールを持たせたが、危険なエリアはコンパクトに守れていた。そして後半はテンポを上げていった」

ユルゲン・クリンスマン(ヘルタBSC監督):「4失点は少し多すぎる。60分間は良い戦いができていたと思う。前半には2、3の良いチャンスがあった。優勢なのはバイエルンだった。その後最初の失点を喫したが、ポイントになったのはPKだろう。そこで我々は少し気が挫けてしまった。しかし我々は、同様に順位表の下位に位置しているチーム相手に勝点を獲得しなければならない」

ダヴィー・ゼルケ(ヘルタBSC):「最終的にバイエルンの個のクオリティーの強さが現れた。彼らは本当にとても強い試合をした。バイエルンが相手では、優位にプレーすることはできない。僕たちは少しずつダメージを与えようとし、前半は上手くいっていた。僕たちのホームでもバイエルン・ミュンヘンのボール保持率が高くなることはわかっていた。チアゴのパスの出し方は世界クラスだよ」

News