presented by
Search Fill-1
Menu
復帰戦で得点

コマンが感銘的なカムバック

Increase font size Text size

 キングスレイ・コマンが感銘的な形で戻って来た。4-1でFCバイエルンが勝利した敵地ケルン戦で23歳の同選手が昨年12月中旬に左膝の関節包負傷後初の先発入りを果たした。そして同フランス人選手はわずか試合開始5分で再び注目を集める。

ケルン選手2名をもろともせずコマンがスコアを2-0とした。

疾風のコマン

 トーマス・ミュラーとの連携からコマンは今季2得点目となる素晴らしいゴールでリードを2点に広げる。さらに同ウィング選手はFCバイエルンの攻撃に何度も関与して、チームメイトと共にケルン守備陣の大きな脅威になり続けた。

止められない!キングスレイ・コマンがエリス・スキリとデュエル、常に相手の前に立ちはだかった。

良いタイミングコマンが復帰

 昨年12月のトッテナム戦(3-1)で負傷したコマンはノーゴールで終わった前節RBライプツィヒ戦でピッチに立った。今後コマンは完全なる状態でチームのために戦い、タイトル争いの中で重要な武器となる。

ケルン対FCバイエルン戦のマッチリポート:

News