presented by
Search Fill-1
Menu
「印を残したい」

チェルシー戦前日記者会見でのハンジ・フリックのコメント

Increase font size Text size

 25日(火)夜、FCバイエルンは今季チャンピオンズリーグ決勝トーナメント・ラウンド16対FCチェルシー戦1stレグで準々決勝進出の道を切り開くことを望み、優位な試合結果で3月18日に予定される2ndレグのアリアンツ・アレーナでの一戦に入りたい。今季CL決勝トーナメント初戦前日にFCB監督ハンジ・フリックが24日(月)にロンドンでFCチェルシー戦前日記者会見場で語った。fcbayern.comが55歳の同指揮官の最も重要なコメントを集めた。

ロンドンでの決勝トーメントマッチ

「私は毎試合で勝利したい。それが監督としての私の自己概念の中にある。チェルシー戦に向けて良い準備をしているよ。これまで準備はとても上手くできた。我々にはロンドンでの1stレグ、ミュンヘンでの2ndレグがある。ここでも印を残すことが大事だ」

チェルシー戦に完全集中:24日(月)午前にチェルシーとの1stレグに向けて最終調整をゼーベナー通りで指揮するハンジ・フリック。

チェルシーの現在のチーム状況

「我々はチェルシーを分析した。長所と短所、どこで我々が試合を決めるチャンスを得られるか。だが私の意見は彼らが構築した新チームは非常に良い試合内容をしていると思う。彼らは上位に食い込むだろうと期待されたチームを差し置いてプレミアリーグで現在4位にいる。我々は恐怖を持たず、尊敬の念を持って明日の試合にしっかり入りたい」

チャンピオンズリーグ制覇のチャンス

「試合はまずプレーされないといけない。我々のチームには極めて多くのクオリティーがある。チームは過去数ヶ月の多くの試合でそれを示した。道がどこへ向かうかは誰も知らない。しかし我々は毎試合について考えている - 今はまずチェルシー戦に集中だ。1stレグと2ndレグ終了後に我々が準々決勝に進出することを願っている。そして更に何が来るか見ることになるよ」

CLグループステージ最高の結果を残したFCバイエルンは感銘的にチームの野心を示した。同試合のデータはこちら:

希望する試合結果

「それは存在しない。この試合は全ての集中力と情熱でプレーされるはずだ。チームは何が待ち構えているか分かっている。我々は勇敢で自信を持って前線でプレーしたい。今季後半戦で我々は好調だから、私はチームが良い仕事をすることを確信しているよ。

ロベルト・レヴァンドフスキ

「ロベルトはキャリアの中で最高の状態だ。彼は非常に自信があり、コンディションは最高だね。我々は彼が現在の好調ぶりをチェルシーとのラウンド16でも示してくれると願っている。ボールロスト後に相手へのプレッシャーを与えてるプレーを通して彼はチームを先導できるよ。だから彼がポジティブなことは重要だ - 現在の彼はポジティブだね。チーム内でしっかり貢献している。守備でも非常に良いし、攻撃ではシンプルに好調だ。今季彼が奪った得点数に関する正確なデータは頭にないが、彼の得点率は既にセンセーショナルだよ」

最終調整でロベルト・レヴァンドフスキは良い感触で終え、チェルシー戦に完全なる期待感を持っている。

バイエルンの攻撃

「ライプツィヒ戦まで毎試合ゴールを決めていた。攻撃に関して我々は長所とクオリティーを持っている。それは過去数ヶ月の試合でチームがとても感銘的に示していた」

スタンフォード・ブリッジ

「楽しみにしている。私は数回同スタジアムに足を運び、スタンドから試合を観戦したよ。チェルシー対フランクフルト戦が最後に興味があってここで観た試合だった。ここスタンドフォード・ブリッジでチームを指揮できることが嬉しい。これは特別な試合だ」

News