presented by
Search Fill-1
Menu
復活への戦い

コマンが以前の強さに戻る

Increase font size Text size

 19日(水)午前、FCバイエルンが今週金曜日のSCパーダーボルン戦の準備を開始した時、キングスレイ・コマンは怪我で離脱したこと忘れ去るようなパフォーマンスを見せた。サイドラインでは何度も駆け上がり、シュート練習では精確なセンタリング、どんなボールに食い付き、自身でもゴールを決めていた。

キングスレイ・コマンは負傷離脱後に再びチームメイトと練習場に立てる時間を楽しんでいる👇

 

8週間の離脱

 23歳の同選手が現在再び好調ぶりを示している事実は当然ではない。FCバイエルン加入以降、複数の負傷離脱との戦いを経験したコマンは昨年末再び新たな怪我を負ってしまう。2019年12月のチャンピオンズリーグのトッテナム・ホットスパーズ戦(3-1)で左膝の関節包損傷を抱えた。しかし揺るぎない意志を持ってコマンは早期復帰を果たした。チームのメディカル部門、理学療法士、フィットネストレーナーの仕事のおかげてわずか負傷から8週間後に再びピッチに立った。

3-1で勝利したトットナム・ホットスパーズ戦で得点を決めたコマンだが負傷交代でピッチを去った。

先発復帰のケルン戦で得点

 2週間前のブンデスリーガ第21節RBライプィヒとの頂上決戦で同選手は負傷後初の公式戦出場を果たし、FCB監督を喜ばせた:同試合から数日後にハンジ・フリックは「我々は嬉しいし、とてもハッピーだ」と言い、コマンの復帰に全力を注いだ全員に感謝した。その1週間後にコマンも感銘的な方法で感謝の意を示す。4-1で勝利した1.FCケルン戦で先発復帰をした同ウィンガー選手は試合開始5分でスコアを2-0とする得点を奪った。 そしてこの得点が最後になることはないはずだ – このモットーは事実だ。 #Comanbackstronger!

華麗なる先発復帰戦 - 4-1で勝利したケルン戦で得点を挙げたキングスレイ・コマン:

News