presented by
Search Fill-1
Menu
ポカールと大一番

FCBがホームゲーム2連戦の週をスタート

Increase font size Text size

 最高レベルの集中力、だが同時に多くの楽しさ – 2月3日(月)、FCバイエルンの練習はホームゲームウィークの興奮で包まれていた。 ゼーベナー通りでの同練習でハンジ・フリック監督は特に走力、パス、シュート練習メニューを選手に与え、前節マインツ戦の先発メンバーは雨が強かったために少し早く練習を切り上げた。パフォーマンスセンターに戻る前に、ポーランド年間最優秀選手に選出されたロベルト・レヴァンドフスキとプロ選手たちはフィールド端の水たまりで楽しい時間を過ごした。 

バイエルンFW選手ロベルト・レヴァンドフスキが2日(日)夜にポーランド年間最優秀選手に選ばれた👇

ホッフェンハイムとライプツィヒ戦はホームゲーム

 現在FCバイエルンにとって競技面の成績も好調だ。先週末に2020年公式戦3戦3勝目(1.FSVマインツ05戦、3-1)を収めたFCバイエルンは今季ブンデスリーガ首位の座に帰還。しかし今後の試合への集中は既に向けられていた。4日間でFCBはDFBポカール準々決勝進出を懸けてTSG1899ホッフェンハイムと対戦し、その次には現在ブンデスリーガ2位RBライプツィヒとの直接対決が続く。同2試合はアリアンツ・アレーナで開催される。

 主将マヌエル・ノイアーは「最後のホーム開催のホッフェンハイム戦では勝利しなかった。僕らは絶対に次のラウンドに進みたい」とホッフェンハイムとのDFBポカール・ラウンド16を前に目標を明確に語った。 ダヴィド・アラバは成功を収めたここ数週間の勢いを今後の試合に活かしたいと思っている:「僕らの歯車は動き出し、試合に勝利した。これはとても多くの自信を与えてくれる。次週にもしっかり活かしたいね」

FCバイエルンが再びブンデスリーガ首位に立ち、このまま1位に留まることを望んでいる!

News