presented by
Search Fill-1
Menu
DFLの決定

ブンデスリーガは4月30日まで中断

Increase font size Text size

 ドイツサッカーリーグ機構(DFL)は3月31日(火)、コロナウイルスのパンデミックによるブンデスリーガの中断を少なくとも4月30日まで延長すると発表した。DFLのクリスティアン・ザイフェルトCEOが日本時間同日夜の記者会見で説明した。DFL理事会はこの記者会見の前に行われたテレビ会議による臨時総会でブンデスリーガ1部及び2部の計36クラブの代表者と共に、この決定について合意した

 FCバイエルンにとってはこの決定により、ブンデスリーガ第28節から第31節までの対ボルシア・ドルトムント戦対フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦対バイエル・レヴァークーゼン戦対ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦が延期されることになる。その前の対ウニオン・ベルリン戦と対アイントラハト・フランクフルト戦は約2週間前に既に延期が決まっており、さらに現在はチャンピオンズリーグとDFBポカールも中断している。

 試合が中断期間であっても、FCバイエルンの選手たちは毎日のトレーニングで調子を維持している。選手たちがどのようにトレーニングをしているか気になる方はこちらから:

News