presented by
Search Fill-1
Menu
「人生の試合」

オットルのBL初得点がFCBのリーグ優勝に繋がる

Increase font size Text size

 ミュンヘンで生まれ育ったアンドレアス・オットルにとってFCバイエルンでプレーすることは、非常に特別なことだった。さらに2006年5月6日、FCバイエルンのブンデスリーガ優勝を決めるゴールを決めてより良い経験をした。クラブ雑誌51で35歳の同氏はその記憶に残る日を思い出した。

アンドレアス・オットル「人生の試合」

68分にアンドレアス・オットルはブンデスリーガ初ゴールを決めてバイエルンにタイトルをもたらした。

 「朝起きた時に2006年5月6日が自分の日になるとは知らなかった – まず朝食の時に全ては始まりだした。当時監督だったフェリックス・マガトがカイザースラウテル戦で僕を先発させると言ってきたんだ。その試合は第31節で勝点を獲得すればリーグ優勝することは全員知っていたよ」

Rückstand am legendären Betzenberg

タフな一戦だった。しかし当時若手選手だったアンドレアス・オットルは力強くプレーし、カイザースラウテル選手ハリル・アルトゥントップと対峙。

 「カイザースラウテルにとってビックゲームだった。彼らは当時降格争いをしていて、ベゼッツェンバーグの雰囲気は凄かったよ。試合開始30分後に先制されて、そのまま動きはなかった。そして68分にあの左コーナーキックの場面となった」

オットルのポジションニングが功を奏す

コーナーキックからゴール前にいたオットルがボールをネットに押し込んで同点弾を決めた。

 「私のタスクはファーポストに走ることだった。ボールは選手に当たってコースが変わり、そのままゴールラインを割ってしまう感じだったけど、そのまま流れて来てゴール前5mの位置から押し込むだけでよかった。あれが私のブンデスリーガ初得点、当時は21歳でだった – 言葉に出来ない感情があったね。リーグ優勝を決めたあの最後のゴールは最後のピースだった」

FCBレジェンドの中にいるミュンヘン出身の青年

上記写真左のオットルは自身の幸運を信じられなかった。11歳までノルト・ラーヒェナウでプレーし、1996年にFCBに移籍した。2005年にプロデビューを飾り、翌年のカイザースラウテル戦でブンデスリーガ初得点を奪い、オリヴァー・カーン、ビセンテ・リザラズ、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、フィリップ・ラームとクラブ史に名を残した。 

 「オリンピアシュタディオン近郊で生まれ育ったミュンヘン出身者としては、最高の誇りと喜びだったよ。まず試合終了の笛が吹かれた後にピッチ上で白ビールグラスで優勝を祝った時に全てを理解した。全員が駆け寄って来て、凄かったね。当時はチーム内に何人か既に多くを経験したビックヒーローがいた。:オリヴァー・カーン、メーメット・ショル、ハサン・サリハミジッチ、イェンス・イェレミース – その中に私がいたんだ!当時はメールしかなかったけど、携帯には祝福のメッセージで溢れていたよ」

「タイガー」ゲルラントから称賛

5月13日、ようやくアンドレアス・オットルはミヒャエル・レンジングと一緒にマリエン広場で本物のシャーレを掲げることが出来た。オットルはFCBで通算リーグ優勝3回、DFBポカール優勝1回を経験した。

「同試合後にヘルマン・ゲルラントと電話をしたよ。当時彼はアマチュアチームの監督で、事実翌日は彼のチームでプレーする予定だったんだ。でも彼は、カイザースラウテルに残れ、戻って来る必要はない!リーグ優勝の祝いを楽しめ、君は相応しいし、勝ち取った!と言ってくれた。「タイガー」がその言葉を述べたら、それは称賛だ。FCBとはまだ多くの美しい瞬間を共に過ごしたが、この試合のこのゴールは常に私の心の一番上に留まり続ける」 

News