presented by
Search Fill-1
Menu
736分間無失点

21年前にオリヴァー・カーンがブンデスリーガ新記録を樹立

Increase font size Text size

 1994年7月1日、カールスルーエSCから加入したオリヴァー・カーンはその後タイトル獲得と新記録を作り出した。 約26年前にオリヴァー・カーンはFCバイエルンと契約を締結し、GK選手としてブンデスリーガとドイツ代表新記録を樹立することになる。FCB在籍合計14年間で同氏は世界最優秀GK選手の1人となり、ブンデスリーガ歴代最優秀選手の仲間入りをしている。

無失点を続けた巨人

 自身の姿勢と意志を持って2001年チャンピオンズリーグ優勝した同氏はすぐに打ち勝ち難きない男として「Der Titan(デア・ディータン)」の愛称を付けた。その結果、カールスルーエ出身の同氏は21年前の今日にブンデスリーガ連続無失点記録を樹立。以前の記録は1987-88シーズンにオリヴァー・レックの641分間だった。1999年3月20日にオリヴァー・カーンがその一歩先の記録を生み出した。

オリンピアシュタディオンの電光掲示板は当時カーンの新記録樹立を掲示した。

新記録樹立の試合

 ホームでのヴェルダー・ブレーメン戦9分間が経過した瞬間、オリヴァー・カーンが新記録樹立を達成した - そして8度のブンデスリーガ優勝を経験した現在50歳のFCバイエルン取締役カーンは同試合残り81分間を無失点で切り抜け、46,000人の観客の前で1-0の勝利を収めた。

736分間ゴールに飛んで来るボールを阻止し続けた。

 オリヴァー・カーンの同新記録を更新を止めたのは翌節の試合で対戦したドルトムント選手ハイコ・ヘアリッヒだった。カーンは合計736分後に再び失点を喫した。同記録は3年間更新されることはなかったが、同2002年W杯準優勝選手は2002-03シーズンに再び自己記録を更新する:801分。その後ティモ・ヒルデブランドがカーンの同記録を更新する892分を達成して現在ブンデスリーガ歴代最長無失点記録となっている。 マヌエル・ノイアーの最長無失点記録は770分だ。

オリヴァー・カーンのトップ10セーブ👇

本物のFCバイエルンDNA

 オリヴァー・カーンは1999年から2002年までチームと共に全てを勝ち取った。現役引退前にカーンは「DFBポカール、ブンデスリーガ、チャンピオンズリーグ。当時のチームには勝利のメンタリティーを持っていた。本物のFCバイエルンDNAだ」と言った。同氏がチームと一緒に当時の新記録を達成したことに疑いはない。

2001年にカーンはFCBとヨーロッパの頂点に立った。 伝説的シーズンを振り返る:

今年1月からオリヴァー・カーンはFCバイエルン・ミュンヘン株式会社取締役として働いている。現役時代と引退後について語った👇

News