presented by
Search Fill-1
Menu
ポカール決勝でドッペルパック

マリオ・ゴメスが3冠で別れを告げる

Increase font size Text size

 2得点、DFBポカール優勝、シーズン3冠 – マリオ・ゴメスはFCバイエルン選手としてのラストマッチでこれ以上の結果を想像出来なかっただろう。VfBユースで育った同選手は古巣相手チームとの一戦でFCBクラブ史上最高のシーズンのラストピースを付け加えた。2013年6月1日、同FW選手は3-2で勝利した同DFBポカール決勝でドッペルパックを記録し、自身に最大のプレゼントを贈った。 

ゴメスの完璧なポジションニング

最も簡単なタスク!トーマス・ミュラーの完璧なお膳立てをゴメスはただ決めるだけでよかった。同FW選手は自分がいるべき場所を知っていた。それはFCB選手としてのスタッツが物語っている:公式戦174試合113得点。

 ベルリンでの同決勝で当時のドイツ代表マリオ・ゴメスは先発メンバーに起用され、後半に4年間FCBで活躍した自分の能力を示した:異次元のゴールゲッター。48分と61分にゴメスは素晴らしいポジションニングでフィリップ・ラームとトーマス・ミュラーからの完璧なパスをVfBゴールに沈めてスコアを3-0とした。

ポカール得点王との別れ

ゴメスの2得点でFCバイエルンは2013年DFBポカールを制した。同FW選手はFCBでリーグ優勝2回、ポカール優勝2回、スーパーポカール優勝2回、そして2013年にはチャンピオンズリーグを制覇して3冠を祝った。

 ゴメスのドッペルパックが同ポカール優勝をほぼ確実のものとし、それはリーグ戦とチャンピオンズリーグを優勝していたFCバイエルンにとって2013年シーズン3冠を意味することだった。同シーズンDFBポカール決勝で同大会5、6得点目を奪って最終的に得点王に輝いた。それから数週間後にゴメスのACフィオレンティーナ完全移籍が発表された。ベルリンでの同夜はゴメスにとって、FCB選手として信じられない程の成功に満ちた時間の集大成だった。

FCバイエルンは2013年6月1日を決して忘れない。ポカール優勝でシーズン3冠達成!夢のような同夜の写真:

News