presented by
Search Fill-1
Menu
コーチ陣紹介

フリックとそのチーム:これがFCバイエルンのコーチ陣だ

Increase font size Text size

 FCバイエルンのコーチ陣を紹介しよう。安定と新鮮さ ― この成功を予期させるミックスと共に、ハンジ・フリックらはチャンピオンズリーグに向けた準備を始めた。その開始の合図として、監督ら6人は7月29日(水)に写真撮影に臨んだ。写真左からゴールキーパーコーチのトニ・タパロヴィッチ、アシスタントコーチのヘルマン・ゲルラント、学術部門長 & フィットネス部門長のProf. Dr. ホルガー・ブロイヒ、監督ハンジ・フリック、アシスタントコーチのダニー・レール、そして同じくアシスタントコーチのミロスラフ・クローゼだ。

クローゼでチームが完成

 フリックは同日、コーチ陣最後のメンバーであるクローゼを歓迎した。55歳のFCB監督は2014年夏に、クローゼと共にリオデジャネイロでワールドカップ王者に輝いた。バイエルン・コーチ陣に最後の1ピースが加わり、最高の状態で来る課題に向けて準備を進めていく。

FCバイエルン・コーチ陣の最も新しいメンバーはミロスラフ・クローゼだ。2014年にW杯チャンピオンとなったクローゼのFCBコーチとして最初の1日はこちら:

News