presented by
Search Fill-1
Menu
記録

アトレティコ・マドリードとの初戦に関する5つのデータ

Increase font size Text size

 チャンピオンズリーグは夢のような大会である。そしてこの大会優勝に向けてFCバイエルンがどの程度意気込んでいるかは初戦アトレティコ・マドリード戦で示された(4-0)。FCBは本当に素晴らしいサッカーを体現し、感銘的な数字を残した。fcbayern.comが面白いデータを集めた。

1.ノイアーから点を奪うのは至難の技

 アトレティコ・マドリード戦でマヌエル・ノイアーはFCB選手としてクリーンシート200試合を達成した。同感銘的な記録達成に同FCB主将が要した試合数は394。この結果、ゼップ・マイアーが持つ651試合199試合無失点の記録を超えた。オリヴァー・カーンは14年間のFCB在籍期間で247回の無失点試合を成し遂げている(632試合)。

2.チャンピオンズリーグで高い得点率

 21日(水)夜にFCバイエルンは4得点を挙げた。同得点数は直近数試合の1試合平均得点より僅かに高い。FCバイエルンはチャンピオンズリーグ直近12試合で47得点 – 1試合平均3.9得点。

3.連勝記録

万歳!昨季チャンピオンズリーグでFCバイエルンは数多くの喜べる記録を残した。

 FCバイエルンはチャンピオンズリーグ直近12試合で全勝 – これは同大会史上最多連勝記録。ハンジ・フリックのチームは公式戦直近29試合28連勝を成し遂げた。唯一負けたのは数週間前のホッフェンハイム戦(1-4)。

4.初戦に強いバイエルン

 アトレティコ戦の勝利でFCバイエルンは新たな連続記録を樹立した。チャンピオンズリーグ17季連続初戦勝利。さらに初戦の得失点数は42:2でその偉大さを物語っている。

5.チャンピオンズリーグを得意とするトリッソ

なんという一発!コランタン・トリッソが目を見張る得点でスコアを3-0とした。

. コランタン・トリッソのゴールは本当にスーパーゴールだった。約30mの位置から同選手が右足で放ったシュートはゴール右上隅に突き刺さった。トリッソはFCバイエルンでチャンピオンズリーグ7得点5アシスト(19試合)。

キングスレイ・コマンがアトレティコ・マドリード戦で初のCLドッペルパック:

News