presented by
Search Fill-1
Menu
ルンメニゲ、ハイナー、サリハミジッチ

ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズへのコメント

Increase font size Text size

 ロベルト・レヴァンドフスキとマヌエル・ノイアーに素晴らしい栄冠!FCバイエルンは2020年FIFA男子最優秀選手となったロベルト・レヴァンドフスキを祝福できることを誇りに思う。17日(木)夜、2014年からFCバイエルンに所属する32歳の同ポーランド人はライブビデオ上で世界プロサッカー選手会主催の「FIFA年間世界最優秀選手」に選出された。加えてマヌエル・ノイアーはFCBにとって同夜2番目のビックアワード「FIFA年間最優秀GK選手」に輝いた。「FIFA年間男子最優秀監督」の最終候補に残っていたハンジ・フリックはユルゲン・クロップ(FCリヴァプール)にその座を譲る形となった(同FCB指揮官は惜しくも2位)。更に今回の「FIFA FIFPRO Men’s World 11」ではレヴァンドフスキ、ヨズア・キミッヒ、アルフォンソ・デイヴィス、そして昨季までFCB選手だったチアゴの名前が入った。昨季公式戦55得点を記録したレヴァンドフスキは「FIFA世界最優秀選手」に選出された初のブンデスリーガ選手となった。同賞の投票は世界各国の代表主将と監督、メディア代表者、ファンによって行われた。

代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲ:今日我々がどれほど誇りに思い、嬉しいか言葉にするのが難しい。FCバイエルンはクラブ史の中でFIFA世界最優秀選手を輩出したことがなかった。そしてロベルト・レヴァンドフスキはこの栄誉に値する以上だ。ロベルト・レヴァンドフスキをFIFA世界最優秀選手に選出するためにFIFA会長ジャンニ・インファンティーノわざわざミュンヘンまで足を運んだことは素晴らしいことだと思う。この賞はロベルトが自身の大きな目標を達成するために長年毎日全力で頑張ってきた報いだ。我々が彼と一緒に歴史を記せたことを誇りに思う。FIFA年間世界最優秀GK選手に選ばれたマヌエル・ノイアーも間違いなく相応しいね。マヌエルはGKプレーを全く新しいレベルまで引き上げた。私にとって彼はサッカー史最高のGK選手だよ。当然FIFA年間最優秀監督に選ばれたユルゲン・クロップを祝福するが、ハンジ・フリックは2020年5つのタイトルを獲得し、愛すべきサッカーをプレーしている。彼が偉大なる監督だと知っている。聞いた通り、結果は極めて僅差だった。間違いなくハンジも同タイトル獲得に値した。世界ベスト11全体の結果でもレヴァンドフスキ、ヨズア・キミッヒ、アルフォンソ・デイヴィス、そして長年FCB選手だったチアゴが選出された。受賞した全員を祝福し、この大きな栄誉に感謝する」

会長ヘルベルト・ハイナー:「今日はFCバイエルンにとって誇り高き日だ。FIFA世界最優秀選手に選ばれたロベルト・レヴァンドフスにはクラブ全体を代表して祝福したい。彼はストライカーとして世界の基準を設けた、彼は多くのゴールを奪って輝いているだけでなく、ピッチ上での全体的な姿勢も含まれる。ロベルト・レヴァンドフスキは完全無欠の生粋の一流ストライカー、本物のリーダー選手、クラブの異次元な主力選手だ。マヌエル・ノイアーのFIFA年間最優秀GK選手受賞も極めて喜ばしいね;彼は数年前から世界一のGK選手だと証明している。どんなストライカーが彼を襲おうと関係ない – ゴール前にノイアーがいれば、ボールがゴールラインを越えるのに多大な努力が必要となる。私の意見としてハンジ・フリックは世界最優秀監督に値した。それでもユルゲン・クロップを祝福するよ。レヴァンドフスキ、ヨズア・キミッヒ、アルフォンソ・デイヴィスと元FCB選手チアゴが世界ベスト11入りした事実は、壮大なチーム全体のパフォーマンスを示している」

スポーツディレクターのハサン・サリハミジッチ:「FCバイエルンを誇りに思わせ、喜ばせる素晴らしい結果だ。ロベルト・レヴァンドに関しては脱帽だ。彼は同賞に値する以上の結果を残して、今は世界最高選手だ。ロベルトがついに同賞を獲得したことを喜んでいるのは我々FCバイエルン全員だけでなく、世界全体の非常に大多数のサッカーファンもだ。ロベルトは模範的なプロ選手、FCバイエルンでは世界的ストライカーとチームプレーヤーに成長した。彼はこの大きなリスペクトを嬉しく思っており、今後もゴールに貪欲である。彼は次の頂と挑戦を見ており、常にタイトル獲得と新記録樹立を望んでいるよ。彼が6年前にFCバイエルンに移籍した理由の一つがそれだ。ロベルトはFCバイエルンで不可欠な選手となった。マヌエル・ノイアーも偉大なチャンピオンさ。私にとって彼はサッカー史上最高のGK選手だよ。彼はGKのプレーを新たなレベルに引き上げた。FCB選手時代。私の後ろには当時世界最高のGK選手がいた:オリヴァー・カーン。チームにとってマヌエルの価値はそれぐらい大きく、時折言葉ではっきり述べるが難しい。特に全てが懸かった日、マヌエルが冷静かつ不屈な佇まいでゴール前に立っている時だ。彼がまだ長期間FCBでプレーすることを喜んでいる。4名のFCB選手がFIFAから受賞したことは、我々がリスボン決勝トーナメントでのプレースタイルで昨季チャンピオンズリーグ優勝を成し遂げた重要性を示している。レヴィー、ヨズア、フォンシー、そしてリヴァプールでプレーしているチアゴの受賞を喜んでいるよ。私にとって彼らの選出は競技的と人間的に並外れた3冠チーム全体を典型的に表しているね。我々はこのチームで一時代を築き上げれると思う。ハンジ・フリックがFIFA年間最優秀監督に選ばれなかったのは残念だ。彼も同賞に値していた」

News