presented by
Search Fill-1
Menu
「素晴らしいパフォーマンス」

サリハミジッチのインタビュー

Increase font size Text size

 ハサン・サリハミジッチは昨季コッパ・イタリア優勝チームを「好ましくない相手」と表現した。14日(月)今季チャンピオンズリーグ決勝トーナメント第1回戦組み合わせ抽選会でFCバイエルンはラツィオと対戦することが決定した。同FCバイエルンSDが更なるテーマについても語った。fcbayern.com がサリハミジッチの重要なコメントをまとめた。

ハサン・サリハミジッチのインタビュー

今季チャンピオンズリーグ・グループステージについて

「無敗、引き分けは一度だけ、素晴らしいパフォーマンス – 我々がグループステージを支配的かつ自信を持って突破したことにとても満足している」

グループステージのハイライト:

「ホームのアトレティコ戦で圧倒的に支配して勝利したのは全体的に見てもとても嬉しかった。始めから自分たちのクオリティーを示したよ。全試合が重要で、多くの得点を決めて試合を支配して勝利するのは常に嬉しい。我々が勝点16を手にしたこと見れば、それは素晴らしいパフォーマンスだ」

決勝トーナメント第1回戦の対戦相手ラツィオ

「好ましくない相手だ、それはグループステージのドルトムント戦を見てとれた。イタリアチームとの対戦は常に好ましくないよ。常にローマへ行けることは素晴らしい。ここまでのチャンピオンズリーグではとても良い経験をしてきた。同ラウンドの2試合は楽しみだし、しっかり良い準備をするよ」

FCバイエルン若手選手

「我々はキャンパスで若手選手が良い練習をし、U17、U19、U23チームで良いパフォーマンスを発揮して経験を積めるように全力を尽くす。監督が全てを注意して見ており、もちろん我々は若手選手が(プロチームでも)出場機会を得たことを喜んでいる。この優れたチームの中で出場機会を得るのは当然のことではない」

次節VfLヴォルフスブルク戦:

「ヴォルフスブルクは第11節まで無敗。彼らにどれほど良い選手がいるかは知っている。彼らは波に乗っており、時々ビハインドの状況からも勝利する。好調だと思うよ、フィジカル的にもね。前線は危険だ、ヴェグホルストは良いFW選手だ。チームにとってそれは大事さ。水曜日は難しい試合になる」

今季無敗を保っているVfLヴォルフスブルクに所属するヴォウト・ヴェグホルストは今季リーグ戦11節で9得点。

今年最後の試合バイエル・レヴァークーゼン戦:

「彼らは先週末からリーグ首位チームだ。とても、とても良い。支配的にもプレーしている。ヨーロッパリーグでも同様だ。この試合も面白い一戦になる」

クリスマス前最後の試合でFCバイエルンは現在リーグ首位で好調レオン・ベイリーを擁するバイエル・レヴァークーゼンと対戦する。

今回の短いクリスマス休暇:

「我々全員が数日間休みを取る。当然連絡は取れる状態にいるつもりだ、しかしこの仕事では普通のことさ。だが我々全員が自宅でグラス1杯のワインを楽しみ、家族と子供と一緒に穏やかな短い時間を過ごすと思う」

News