presented by
Search Fill-1
Menu
CL抽選結果についてのコメント

ラウンド16の抽選結果とSSラツィオに関するフリック、クローゼ、ノイアーらのコメント

Increase font size Text size

 FCバイエルンはチャンピオンズリーグ・ラウンド16でSSラツィオと対戦する。これは12月14日(月)昼にニヨンで行われた抽選によって決定した。「白熱した試合になるだろう」とコメントしたのはハンジ・フリックだ。アシスタントコーチのミロスラフ・クローゼにとって、ローマを本拠地とするこのクラブとの対戦は特別な試合になる。同コーチはかつてストライカーとして5年間ラツィオ選手としてプレーしたことがあるためだ。クローゼは「とても嬉しい、このクラブはもちろん私が対戦相手として一番に望んでいたクラブだ。このクラブとこの街とは大変多くの繋がりがある」と喜びを露わにした。fcbayern.comが抽選結果に関するコメントを紹介する。

CL抽選結果についてのコメント

ハサン・サリハミジッチ(スポーツ取締役):「難しい相手だ、そのことはグループステージのドルトムント戦で見ることができた。イタリアのチームと対戦するのはいつも難しい。我々はこれまでチャンピオンズリーグで大変良い経験をしてきたし、この試合に向けてとても良い準備を行う」

アンドレアス・ユング(マーケティング取締役):「我々にとって全く新しい1ページだ、我々はこの大会で今までにラツィオと対戦したことがない。彼らはグループステージでとても良いプレーをしたし、一度も負けていない。ロベルト・レヴァンドフスキとチーロ・インモービレという昨シーズンの得点王2人が対決することになる。白熱の戦いになるだろう」

ハンジ・フリック:「抽選結果に満足している。イタリアのチームとの試合は簡単ではない。ミロにとっては当然特別な試合になる、我々も彼のために嬉しく思っている。白熱した試合になるだろう。グループステージの試合を見て、最初のイメージを得ることができた」

ミロスラフ・クローゼ:「ローマにいる人達から既にたくさん連絡が来たよ。とても嬉しい、このクラブはもちろん私が対戦相手として一番に望んでいたクラブだ。このクラブとこの街とは大変多くの繋がりがある。インザーギの下で5-3-2システムでプレーする危険なチームだ。インザーギは短い期間だが私の監督でもあった。ラツィオは鉄壁の防御を誇るので、まったく簡単な仕事ではないだろう。よく分析して結論を出したい」

マヌエル・ノイアー:「ラツィオは強いチームだが、僕たちは本命としてトーナメントに臨む。彼らはトップレベルのストライカーを擁している。僕たちは、チーロ・インモービレがゴール前でどれほど危険か知っている。レヴィはきっとこの対決を楽しみにしているだろうし、僕はゴールキーパーとして良い準備をするつもりだ。僕たちには彼らのスタジアムに関して良い思い出がある。そこで僕たちはASローマに大差で勝利した。ミロスラフ・クローゼはラツィオでもプレーしていたが、僕たちに忠誠を誓うだろう。だからこの試合が楽しみだ。僕たちは勝ち抜き、次のラウンドに進むつもりだ」

トーマス・ミュラー:「ラツィオはドルトムントのグループだったから、僕も試合を見ていた。彼らは攻撃面で手強い相手だ、特にチーロ・インモービレがいる。注意が必要だが、僕たちはもちろんこのラウンドを楽しみにしている。ローマは美しい街だし、そこで僕たちはASローマ相手に良い経験をした」

CLラウンド16の対戦相手について詳しくはこちら:

News