presented by
Search Fill-1
Menu
2021年への重大な質問 - 第7部

サリハミジッチ「このチームは一つの時代を定義する力を持っている」

Increase font size Text size

 三冠達成後は次の三冠の前:コロナ禍に見舞われた2020年はFCバイエルンにとっても難しい1年となったが、クラブは全ての問題を乗り越えた。そして今後満たすべき基準値は高くなっている。2021年には何が重要になるだろうか?FCバイエルン幹部がクラブマガジン『51』最新号で未来を見据え、インタビューに答えた。全7部構成第7部のインタビューはFCBスポーツ取締役ハサン・サリハミジッチ。

サリハミジッチのインタビュー

サリハミジッチ氏、2020年は一度息をつける時期はありましたか?どうエネルギーを回復していますか?

サリハミジッチ:「3月以降、息をつく時間はほぼないが、現在社会の誰にとっても息をつける時期ではない。選手、コーチ、理学療法士、医師の仕事量はすでに膨大だ。しかし、我々は今多くの点について異なる考え方をし、サッカーがプレーできることに感謝する必要がある。今回の家族との静かな数日間で十分だ」

コロナウィルスは一概にチームプランをどの程度変えましたか?

「構造の部分ではとても普通に計画している。我々はスカウトし、分析し、ポジションと選手について議論している。コロナに関係なく、我々はFCバイエルンとして早い時期から自分たちのアイディア に取り組み、とてもクリエイティブに考えないといけない」

ムシアラ、アレイ=ムビ、リチャーズのような若手スター選手が突如トップチームで普段ではないスピードで経験を積んでいます コロナ危機はチャンスでもあるのでしょうか?

「 FCバイエルンにとって若手育成は非常に重要だ、それはコロナウィルスと全く関係ない。若手選手がプロチームでプレーする程の才能があれば、コロナがあろうとなかろうと、経験は積める。我々は期待と自信を持って成長を見守っているんだ:ジャマル・ムシアラ、クリス・リチャーズ、ブライト、アンジェロ・シュティーラー。さらにまだ年齢が若いアルフォンソ・デイヴィスと現在18歳のタンギ・ニアンズもいる。成長している要素がある、可能な限り多くの選手をファーストチームに昇格させるために全年代レベルですべてを行う必要があるね」

スポーツ取締役としてのあなたの目標は、スーツを着用してチャンピオンズリーグ優勝でした既に同役職に就任してから2ヶ月後に達成しました。最大の成功の納めた後、今はどこからモチベーションを得ていますか?

 「このチームは一つの時代を定義する力を持っている。我々のタスクは彼らをサポートして、魅力的かつ成功に溢れるサッカーをプレーするためにすべてを実行することだ」

 “重大な質問6部は取締役オリヴァー・カーンのインタビュー:

News