presented by
Search Fill-1
Menu
ノイアーとレヴィーが新記録樹立

新記録と良い兆し - 勝利したシャルケ戦のデータ

Increase font size Text size

 トーマス・ミュラー2得点、ヨズア・キミッヒ3アシスト、そしてFCバイエルンの勝利 – さらにロベルト・レヴァンドフスキとダヴィド・アラバが得点を奪いシャルケ04戦を4-0で終えた。この結果により2位RBライプツィヒとの勝点差を7としたFCバイエルンはブンデスリーガ9連覇に向けて大きな一歩を踏み出した。ゲルゼンキルヒェンでの勝利で重要な数字とマヌエル・ノイアー&ロベルト・レヴァンドフスキの新記録をまとめた。

ノイアーがカーンの記録を超える

 マヌエル・ノイアーは24日(日)にブンデスリーガ史GK選手の中で最多無失点試合数を達成した人物となった。34歳のFCバイエルン主将は20日(水)アウグスブルク戦(1-0)でこれまでの同記録保持者だったオリヴァー・カーンに肩を並べた。そして出身クラブであるシャルケ04との試合でノイアーはブンデスリーガ通算無失点試合数を197として単独1位の座を手にした。シャルケ戦後ノイアーは現在FCB取締役で元世界最高GK選手との間に問題があると思うかという質問に「自分を抑え付けるつもりはない。僕らは対等な関係だからね。彼がどう反応するか見てみよう。でも彼は僕ら全員について喜んでくれると思う」と話した。

レヴァンドフスキが最多得点記録更新に前進

 この男は止められない。スコアを2-0とした得点でロベルト・レヴァンドフスキは今季リーグ戦得点数を23とした。ブンデスリーガ史上第18節終了時点で23得点を決めた選手は他に存在しない。さらに同ポーランド人選手は24日(日)2つの新記録を樹立:ブンデスリーガ史上初となるアウェイ戦8試合連続得点とブンデスリーガのシャルケ戦11試合連続得点 – ブンデスリーガ史の中で1つの対戦クラブ相手にこれほど連続して得点を奪った選手はいない。

バイエルンのゴール製造機たちは引き続き絶好調

 FCバイエルンは今季リーグ戦で既に53得点を挙げている。第18節まではブンデスリーガ史上最多得点数:同記録に並ぶのはボルシア・ドルトムント(1963-64シーズン)とヴェルダー・ブレーメン(1985-86シーズン)のみ。

キミッヒがミュラーと並びアシストランキング首位

 24日(日)午後にヨズア・キミッヒは複数アシストを記録した:3アシスト。これで現在リーグ戦アシスト数を9に伸ばしたキミッヒはトーマス・ミュラーと並びアシストランキング首位。加えて昨季リーグ戦7アシストを現段階で超えている。

ゴレツカがバイエルンで公式戦100試合出場

 レオン・ゴレツカは24日(日)アウェイ戦勝利の他に個人記録で喜ぶことが出来た。同MF選手はシャルケ04との古巣戦でFCバイエルン公式戦100試合出場を達成した。

リーグ戦9連覇に向けて良い兆し

 FCバイエルンはシャルケ戦に勝利して2位RBライプツィヒとの勝点差を7とした。勝利時勝点3規則導入以降、FCBは勝点差7の状態でリーグ後半戦を落としたことはない。

後半戦開幕試合の勝利は伝統

 シャルケ戦に勝利したFCバイエルンはこれで6季連続シーズン後半開幕戦勝利を達成。過去FCBはブンデスリーガで同記録を達成したことがなかった。

ミュラーが昨季の成績を超える

 シャルケ戦でドッペルパックを記録したトーマス・ミュラーは今季リーグ戦得点数を9として、既に現在昨季リーグ戦得点数を超えた。

トーマス・ミュラーは242得点を奪ってマッチウィーナーに輝いた:

News