presented by
Search Fill-1
Menu
フライブルク戦後のコメント

ジェローム・ボアテング「骨の折れる勝利だった」

Increase font size Text size

 長時間のハードワークと最後は順当な勝利に歓喜!17日(日)、グラードバッハ戦とDFBポカールのキール戦で敗北を喫したFCバイエルンは答えを見つけ出し、貴重なSCフライブルク戦の勝利(2-1)を祝った。同試合結果でFCBは今季リーグ前半戦の王者を確定させた。 fcbayern.com hat dが同試合後のコメントをまとめた。

SCフライブルク戦後のコメント

ハンジ・フリック:「簡単な時間帯はなかった。今日は同試合に勝利したいという姿勢を示すことが大事だった。我々は試合開始からデュエルで闘い、前線に向かってプレーした。先制点は素晴らしい崩しだったよ。その後はリードを広げることも出来たが、試合は異なる方向へと進んだ。当然ながら後半アディショナルタイムに幸運はあったが、今日の守備は全体に良くやってくれた。だが我々は試合を通して相応しい勝利をもたらしたよ。間違いなく2位チームと勝点差4にしたことは重要だ。しかし我々にとって唯一重要なのは試合に勝利すること。次のアウグスブルク戦とシャルケ戦でも今日の様に集中しないといけない。今日のチームの出来には満足している」

ジェローム・ボアテング:「骨の折れる勝利だった。全体的に満足できる。プレー内容の視点で言えばもっと向上させないといけない。でも先週から全てが順調に行ってないのは明らかだ。最後は少し肝を冷やしたが、それはチームの責任だ。その前に2、3度のいいチャンスがあって、そこで試合を決める必要があったね。だがら最後はタイトになった。それでも大事なのは僕らが闘ったことだ。簡単な試合ではなかった、フライブルクは簡単な対戦相手ではない。それは他のチームでの試合でも垣間見れるよ」

レオン・ゴレツカ:「全体的に良い試合をして、多くのチャンスがあった。最後は順当に勝点3を勝ち取った。他チームの試合結果を見れば、この勝利は非常に大事だ。い勝利だ。リラックスした状況と良い連係で突破した状況があったよ。今日は寒かった、最高の試合条件でなはないね。そして僕らは現在絶好調でリーグ戦5連勝していたチームと対戦した。だから今日の試合は容易いものではなかった。試合終盤に1点しかリードしてなかったら、最後の10分間は厳しい戦いになるよ」

相手チームのコメント

クリスティアン・シュトライヒ(SCフライブルク監督):「極めて不運な序盤となった - サンタマリアの負傷と失点。その時間帯は困難だった。15分後に我々は試合に入り、問題ない内容のプレーをしたよ。1-1になってから、少し陣形が深過ぎて、2-1となってしまった。それでも我々にもチャンスはあったんだ。我々は全てをやった。残念ながら2点目を奪うことを実現しなかった。FCバイエルンの勝利は不当ではない、しかし我々も同点に追いつくことが出来た」

ニルス・ペーターセン(SCフライブルク得点者):「今日だけではなく、直近数週間のパフォーマンスは非常に前途有望なものだった。僕らは大きな前進をした。僕らとの対戦は心地良いものではないが、今日最後はFCバイエルンが僕らより1点スマートだった。しかしもっと多くの展開が可能だった」

ニコラス・へフラー(SCフライブルク):「勝点を持って帰れないのは残念だ。今日のバイエルンは場合によっては倒せし、勝点1を持って帰れた可能性もあったよ。大半の時間帯で良い試合をしていたが、残念ながら最後は報いがなかった。今シーズンを通して僕らはよく一致団結して極めて良い成長を遂げた。最後にビックチャンスがあったから当然失望している。勝点1獲得でも最高だった」

SCフライブルク戦のマッチリポート:

News