presented by
Search Fill-1
Menu
ファンのいない一年

「ファンが戻って来れる時をとても楽しみにしている」

Increase font size Text size

 現地時間6日(土)18時30分からFCバイエルンは本拠地アリアンツ・アレーナでボルシア・ドルトムントと緊張感溢れるリーグ戦トップゲームに臨む。同一戦は数十年間サッカーファンを魅了してきた大一番である。だが残念ながら、今回も非常に重要な要素が欠けることになる - スタジアムのファン。

 FCバイエルンがアリアンツ・アレーナの観客の前で最後に試合をしてから一年が経過する。マヌエル・ノイアーが説明するようにFCB選手たちは「状況に対処する」ことを学んだかもしれないが、スタンドからのサポートを願う気持ちは非常に大きい。ノイアーはファンに向けて「チームはファンを恋しく思っている」と述べた。 数週間前、FCBスター選手たちちは会員メンバー雑誌『51』に無観客の試合について語った。選手たちからサポーターにメッセージ。

マヌエル・ノイアー

「共に成し遂げたことを誇り思い続けよう - そして未来での共通のスタジアム体験を楽しみにしよう」

トーマス・ミュラー

「子供の頃初めて満員のスタジアムに足を踏み入れた時の感覚を覚えている。それが早期にFCBの子供、大人のファン実現することを願っているよ」

ロベルト・レヴァンドフスキ

「ファンがスタジアムに戻ることが可能になり、ファンがFCBの得点を大きな声を出して祝える時をとても楽しみにしている」

セルジュ・ニャブリ

「最も恋しいのは一緒に歓喜すること、そして困難な状況下の時にファンが僕らの背中をもう一度押してくれることだ」

キングスレイ・コマン

「ファンが本当に恋しい。彼らは純粋のアドレナリンだ」

昨年10月の会員メンバー雑誌『51』でチームはスカーフとノースリーブジャケットを着用してファンにメッセージを伝えた:「君たちが恋しい」:

ヘルベルト・ハイナー、カール=ハインツ・ルンメニゲ、オリヴァー・カーン、ハサン・サリハミジッチが自信を持って未来を見据えている:

News