presented by
Search Fill-1
Menu
バイエルン選手のW杯予選

ドイツとオーストリアは敗北 ― フランスは勝利

Increase font size Text size

 今回の代表ウィークの最後に、FCバイエルンのプロ選手数人が改めてカタールで開催されるFIFAワールドカップ出場をかけた重要な予選に臨んだ。ロベルト・レヴァンドフスキ膝の負傷のため、残念ながらポーランド代表の試合に欠場した。その他のFCB選手の試合結果は以下の通りだ:

ドイツが北マケドニアに敗北

 ドイツ代表はデュイスブルクで北マケドニア代表と対戦し、1-2(0-1)の苦い敗北を喫した。ゴラン・パンデフ(45+2分)がハーフタイム直前にアウェイチームに先制点をもたらすと、エリフ・エルマス(85分)が終盤に決勝ゴールを挙げた。バイエルンの選手はドイツ代表として特に攻撃に貢献し、例えばレロイ・サネが獲得したPKをイルカイ・ギュンドアン(63分)が決めて一時同点に追いついた。

レロイ・サネはその素晴らしいドリブルで、同点ゴールに繋がるPKを獲得した。

 自身にとって最後となるW杯予選で最初の敗北を記録したヨアヒム・レーヴはキャプテンのマヌエル・ノイアーに休養を与えたが、ヨズア・キミッヒレオン・ゴレツカセルジュ・ニャブリ、サネの4人のFCB選手を先発に起用した。ジャマル・ムシアラ(87分)も途中出場し、2回目の代表戦出場を果たした。ニクラス・ズーレは既に3月27日(土)にミュンヘンに戻り、ゼーベナー通りでトレーニングを行っている。ドイツ代表は10試合中3試合を終えて勝点6ポイントを獲得し、北マケドニアとアルメニア(どちらも勝点9)に次いでグループJの3位となっている。ドイツ代表にとってこの北マケドニア戦は、夏に行われるユーロ前最後の公式戦だった。代表選手たちは同大会に向けた準備を行うために6月に再び集まることになる。

31分のセルジュ・ニャブリのシュートはわずかに枠を超え、惜しくも先制ゴールを逃した。

FCBトリオ擁するフランスは首位

 フランス代表はボスニア・ヘルツェゴビナ代表との試合で1-0(0-0)の勝利を挙げ、グループDの1位の座を守った。この試合唯一の得点者となり、現W杯王者に勝利をもたらしたのはアントワーヌ・グリーズマン(60分)だ。3月28日(日)に2-0で勝ったカザフスタン戦で温存されたキングスレイ・コマンベンジャマン・パヴァールリュカ・エルナンデスのFCBトリオは、今日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦で再びスターティングメンバーに入った。特にコマンは59分に交代されるまで積極的に攻撃に関与し、数多くのシュートを記録した。勝点7のフランス代表はウクライナ代表(3)に大差でグループ首位に立っている。フランス代表も同じく6月にユーロに向けた準備を開始する。

アラバとオーストリアは敗北

ダヴィド・アラバは3試合連続で主将としてオーストリア代表を率いた。

 ダヴィド・アラバとオーストリア代表に苦い敗北。デンマーク代表相手のグループFのトップゲームに臨んだオーストリア代表は、0-4(0-0)の敗北を喫した。ウィーンで行われた試合の得点者リストに名を連ねたのはアンドレアス・スコフ・オルセン(58分)、ヨアキム・メーレ(63分)、元バイエルン選手のピエール・エミール・ホイビュルク(67分)、アンドレアス・オルセン(73分)だ。これによりオーストリアは勝点4で4位となり、デンマーク代表は勝点9でグループトップに立った。アラバは攻撃的ポジションを担ったが、チームメイトと同じく苦戦を強いられた。残念ながらユーロ出場権を逃したオーストリア代表とアラバは、6月に親善試合に臨むことになる。

アルフォンソ・デイヴィスは素晴らしい勝利で代表ウィークを締めくくった:

News