presented by
Search Fill-1
Menu
FCバイエルン・ミュンヘン株式会社法務人事部長

Dr.ミヒャエル・ゲアリンガーがECA副会長に就任

Increase font size Text size

 欧州クラブ協会(ECA)はスーパーリーグ計画に纏わる結果として、同協会のトップの新たな人事変更を行った。FCバイエルン・ミュンヘン株式会社法務人事部長Dr.ミヒャエル・ゲアリンガーが同協会副会長に就任した。ユヴェントス会長アンドレア・アニェッリの後任として、パリ・サンジェルマン会長ナセル・アル=ケライフィが新会長となった。

 ゲアリンガーは「ECAで我々がまだ実行能力があることを示せて喜んでいる。我々は主要メンバー数人を失ったため、ECA理事会を再び設置する課題がある。加えてUEFAと共に2024年以降に主催する国際大会の進行に集中する。既に基盤となる決定は下されたが、共に前進するためにも我々は今後多くの話し合いを行う必要がある」と説明した。

 ゲアリンガーは2017年からECA取締役会に所属している。欧州クラブ協会は2008年1月からプロサッカークラブの利益を代表する団体として創設された。2016年からECAはUEFA執行委員会の2席を保持している。今週からFCバイエルン代表取締役社長でありECA名誉会長カール=ハインツ・ルンメニゲがそのうちの1席の座についている」

News