presented by
Search Fill-1
Menu
アウェイのリーグ戦で勝利

パリがバイエルンとの2ndレグを控えた前哨戦で勝利

Increase font size Text size

 パリ・サンジェルマンは勝利を追い風に、FCバイエルンとのチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ(火曜日、ドイツ時間21時日本時間翌日4時)へと臨む。10日(土)、PSGはアウェイでレーシング・ストラスブールに危なげない4-1(3-0)の快勝を飾った。キリアン・エムバペ(16分)、パブロ・サラビア(27分)、モイーズ・キーン(45分)、レアンドロ・パレデス(79分)がパリ・サンジェルマンにゴールをもたらした。9日(金)夜に首位のOSCリール(メスで2-0)も同様に勝利した為、PSG(勝ち点66ポイント)はリーグ・アンで首位と勝ち点差3の2位を維持している。先週7日(水)にミュンヘンで開催された1戦から、マウリシオ・ポチェッティーノ監督はスターティングイレブンで7つのポジションを入れ替え今節に臨んだ。

PSGのメンバー:ナバス(46分 リコ) - ケーラー(64分 ダグバ)、ペレイラ、キンペンベ、バッカー - パレデス、エレーラ(89分 シモンズ) - サラビア、ラフィーニャ(74分 グエ)、エムバペ(89分 ナゲラ) - キーン(75分 ドラクスラー)

キリアン・エムバペとPSGは喜びも露わにプレー。

次ラウンド進出を信じるバイエルン

 13日(火)の夜、パリのパルク・デ・プランスにおいてFCBは1stレグで喫した2-3の敗戦を挽回し、チャンピオンズリーグ準決勝進出を目指す。ハンジ・フリック指揮するチームはそれを実現する為には勝利を挙げる必要がある。「火曜日、ビッグゲームに向けての準備ができているかを確認せねばならない。我々の調子は良い、攻撃面で驚異的なクオリティを有するチームを相手にするのは非常に困難だと承知の上だとしてもだ。だがそれを克服するための道も示されていた。我々は最低でも2点を挙げ2点差で勝たなければならない。それが我々の目標だ」とFCBの同監督は1-1のドローに終わった1.FCウニオン・ベルリン戦後に語った。

 ユニオン戦後、ハンジ・フリックはメンバー状況についても言及:

News