presented by
Search Fill-1
Menu
最高の記録を手に

ダヴィド・アラバがバイエルンで残した記録

Increase font size Text size

 ダヴィド・アラバはFCバイエルンに13年間にわたって在籍、2010年から – TSG1899ホッフェンハイムへローンで移籍した半年間を除き – トップチームに定着した。この間、同選手が力強いものから世界レベルに至るまで、安定し高いパフォーマンスを発揮。この事実は統計データが裏付けている。

1.外国籍選手最多

 FCバイエルンにおいてアラバを上回るブンデスリーガ試合出場数(281試合)と公式戦試合出場数(431試合)を誇る外国籍選手は存在しない。

2.最多優勝

 アラバは28歳の若さで既に10度のリーグ制覇を達成した。同じだけのブンデスリーガ優勝を成し遂げた選手はアラバを除けば2021年現在31歳のトーマス・ミュラーのみ。またFCB(優勝31回)を除けば、ドイツで9度以上のリーグ優勝(1.FCニュルンベルク)を果たしたクラブは存在せず – これはアラバの持つ記録よりも1度少ない。

3.記録的勝率

FCバイエルン所属時、アラバは多くのタイトルを手にし歓喜。

 リーグ戦250試合以上に出場した全選手の中で、アラバは最も高い勝率を記録した選手の1人だ(フランク・リベリー、トーマス・ミュラーと並び73%)。

4.勝利に次ぐ勝利

 アラバはブンデスリーガ272試合目で200勝を達成 – リーグ史上これほど早く200勝をマークした選手はいない。

5. アラB💥💥

 詳細なデータが収集の開始以来、ブンデスリーガにおいてダヴィド・アラバ(7得点)以上に直接フリーキックから得点を挙げたFCバイエルン所属選手は存在しない。また2020年のDFBポカール決勝戦バイエル・レヴァークーゼン戦をはじめ、リーグ戦以外でも自らのセットプレー方の得点力をを証明してみせた。

 別れに際しダヴィド・アラバはかつてのチームメイトたちから数多くの感動的なメッセージを受け取った:

 

News