presented by
Search Fill-1
Menu
ドイツプロサッカー選手組合VdVによる選出

レヴァンドフスキがブンデスリーガの選手たちにより今季最優秀選手に選ばれる

Increase font size Text size

 この上なく相応しい栄誉!ブンデスリーガで1シーズン41得点を記録し前人未到の偉業を成し遂げたロベルト・レヴァンドフスキが、プロサッカー選手により今季最優秀選手に選出、"Silbernen Schuh"(銀の靴)を授与された。ドイツプロサッカー選手組合VdVによって行われる伝統的な投票で、FCバイエルンの同FWはボルシア・ドルトムントのアーリング・ハーランド(7,1%)とチームメイトのトーマス・ミュラー(3,5%)に大差をつけ75,9%の票を獲得した。32歳の同選手は2013年、2017年、2018年、2020年に続き今回で5度目の受賞となる。

レヴァンドフスキとその仲間たち:VdVが選ぶ今季のベストイレブンにドイツ王者から7選手が選出された。

ベストイレブンにバイエルンから7選手が選出

 レヴァンドフスキはこれによりドイツ絶対王者が大半を占める今季VdVベストイレブンにおいても、FWポジション最多となる96,5%の圧倒的得票率を記録。また同選手と並んでマヌエル・ノイアー(51,8%)、アルフォンソ・デイビス(30,5%)、ダヴィド・アラバ(46,1%)、ヨズア・キミッヒ(81,6%)、トーマス・ミュラー(41,1%)、レオン・ゴレツカ(45,4%)もベストイレブン入りを果たしている。ベストイレブンには他にもダヨット・ウパメカノ(RBライプツィヒ、57,4%)、マッツ・フンメルス(ボルシア・ドルトムント、36,9%)、フィリップ・コスティッチ(アイントラハト・フランクフルト、28,4%)、ハーランド(ボルシア・ドルトムント、61,7%)が選出された。

 またFCバイエルンは更なる2部門で2位を獲得:今季VdV最優秀監督に贈られる"Silberne Trainerbank"(銀のベンチ)でハンジ・フリックは29,1%を獲得、首位アイントラハト・フランクフルト監督アディ・ヒュッター(34%)に僅差で敗れた。最優秀新人賞"Silbernen Pfeil"(銀の矢)はドルトムントのジュード・ベリンガム(24,1%)が受賞、得票率19,9%を記録したジャマル・ムシアラが2位に入賞した。

 ハンジ・フリックがミュンヘンとの別れについてインタビューで語った:

News