presented by
Search Fill-1
Menu
月曜日にスロバキアと対戦

初戦:世界最優秀選手レヴァンドフスキがユーロの舞台へ

Increase font size Text size

 大会4日目が近づいてきた。世界最優秀サッカー選手がユーロの舞台に立つ!ロベルト・レヴァンドフスキ擁するポーランド代表は6月14日(日本時間15日1時)、サンクトペテルブルクでユーロ初戦であるスロバキア代表戦に挑む ― fcbayern.comがこの試合とポーランド代表に関する情報をまとめた。

現在の状況

ポーランド代表はユーロ開幕前最後の親善試合でアイスランド代表と対戦し、2-2で引き分けた。

 スロバキア代表との初戦後、グループEのポーランド代表はスウェーデン代表、スペイン代表と対戦する。同グループの優勝候補と見られているのはスペイン代表だろうが、レヴァンドフスキらはもう1つのラウンド16出場権の獲得を目指す。前回のユーロ同様に決勝トーナメントに進出するには、南の国境を接する隣国スロバキアとの初戦が重要だ。ポーランド代表監督パウロ・ソウザは試合を前に、「一つのミスも許されない。準備万全の状態でなくれはならない。我々は、良く組織されて良い守備をするスロバキア代表の穴を見つけなければならない」と述べた。しかしそのためには、更にパフォーマンスを向上させなければならない ― 今年に入って5試合の国際試合を行っているポーランド代表だが、そのうち白星を収めた試合はわずか1試合(アンドラ戦の3-0の勝利、他は1敗3分)に止まっている。

注目を集めるレヴァンドフスキ

 レヴァンドフスキは2021年に代表戦3試合で3ゴールを記録しており、ヨーロッパ外からも称賛を集めた1シーズン41ゴールの新記録の樹立と同様の決定力をポーランド代表としても示している。ポーランド代表史上もっともすぐれたストライカー(119試合で66ゴール)であるレヴァンドフスキは、ポーランド代表の中で一歩抜き出た存在だ ― だがそのために同選手は難しい状況に置かれることも多い。現在32歳のバイエルンFWは既に2016年のユーロの際も対戦相手から特別警戒されており、今回の大会でもそれは変わらないだろう:レヴァンドフスキは「でもそれは他の選手にとってチャンスにもなる」と言い、「僕たちはそれを利用しなければならない」と補足した。

レヴァンドフスキは既に大会準備期間中にその特別な才能を示していた:

自信を抱く対戦相手

 対戦相手のスロバキア代表も、ポーランドと同様に2016年のユーロで決勝トーナメント進出を果たしている ― もちろん今夏の目指す先もKOラウンドだ。スロバキア代表は2021年にまだ一度も敗北していない(1勝4分)。そのため同代表監督のシュテファン・タルコヴィッチは今回のユーロで幸先の良いスタートを切れると自信を抱いている:「ポーランドはFIFAランキングで我々より上位だ、我々はアンダードッグとして大会に挑む。しかし両チームは互角だと私は考えている」。

News