presented by
Search Fill-1
Menu
FCシャルケ04と慈善試合

FCBが洪水被災者に110万ユーロを寄付

Increase font size Text size

 FCバイエルン・ミュンヘンはフェルティンス ・アレーナでFCシャルケ04と慈善試合を開催して収益に応じ、ノルトライン=ヴェストファーレン州とラインラント=プファルツ州の洪水被災者に最低100万ユーロを寄付する。シャルケとの会議はまだ予定されていないが、両クラブは先週の洪水災害により生計の部分で危機を迎えている人々が、緊急的に財政援助を必要としていることに同意しており、FCバイエルンは現在100万ユーロの援助を保証し、数日中に実行に移す。加えてFC Bayern Hilfe eVはバイエルン州の暴風雨での被災者に10万ユーロを寄付する。

 洪水被害の影響を受けた3州政府と協議後、FCバイエルンは既に危機地域で活動している慈善団体、援助を必要としている世帯に役所仕事的ではなく、迅速に資金を分配する。チャリティーマッチの日程は数週間以内に発表される。

 FCバイエルン会長ヘルベルト・ハイナー:「洪水災害の映像は我々に衝撃を与えた。我々はこのような酷い状況の中で社会として共に立ち向かう必要がある。またサッカーは連帯性と社会的責任で生きている。被災地の人々が何を経験し、今も経験していることを想像することしかできない。我々は慈善試合とHilfe eVの寄付で被災者を支援したい。FCバイエルンは洪水被害者の側に寄り添う。FCシャルケ04には大変感謝したい。シャルケは直ぐに我々のイニシアチブ参加の意を表明してくれた。同慈善試合では共に、この様な自然災害の悲劇的な形で命を落とした犠牲者を追悼したい」

 FCシャルケ04のスポーツ&コミュニケーション部門取締役ペーター・クネーベル:「洪水被災地域に住み、生計を立てるために戦っている人々の痛みと絶望はほぼ想像できない。彼らが迅速に未来へ目を向け、目の前の課題に取り組み、洪水で引き起こされた町や村の深刻な壊滅的状況を少しずつ取り除く作業は一層感銘的だ。FCシャルケ04は最低限の物資的な苦難を軽減するため、これらの取り組みを積極的に支援する。その中でも慈善試合は非常に中心的な役割を果たす - この点において、FCバイエルンに大変感謝する。両クラブが洪水被災地域に重要なシグナルを送る:あなたたちは一人ではない」

FCバイエルンはパートナーのテレコムと1.FCケルンと共に、ドイツの洪水災害の被災者に10万ユーロを寄付した:

News